閉じる

“幻の甲子園”が聖地・甲子園で11・29開催決定 コロナで開催中止から3年越しの46チーム集結へ

2023/03/17 06:00

2023年11月29日に元高校球児たちが甲子園に集う
2023年11月29日に元高校球児たちが甲子園に集う

2020年春の「第92回選抜高等学校野球大会」、夏の「第102回全国高等学校野球選手権大会」が、新型コロナウイルスの影響で戦後初の「中止」に追い込まれてから3年の時を経て、元球児の有志と20代の学生起業家を中心としたプロジェクトが実を結び、2023年11月29日に聖地・甲子園で、当時の全国元高校野球チーム計46校、総勢約1,000人を集めた大会の開催が決まった。

“幻の甲子園”開催を目指したのは1人の現役大学生

プロジェクト発起人の大武優斗さん
プロジェクト発起人の大武優斗さん※提供写真

プロジェクト名は「あの夏を取り戻せ 全国元高校球児 野球大会 2020-2023」。発起人は武蔵野大学2年生の大武優斗さん。大武さんは高校3年生だった2年前、甲子園という晴れの場を失ったまま「引退」を迎えた元高校球児の一人。

一時は「死にたい」とまで思ったほど、野球に捧げた時間は短くなかったと言う大武さん。それでも「中止は誰のせいでもないことなので、嘆いたところで何も変わらない」と一念発起した進学先では、学友と共に起業を経験。起業の過程の中で、出会いと挑戦の日々を通して再び湧き上がってきた思いが「甲子園」だったと言う。

「自分が出たいから企画を始めたわけじゃない」

昨年6月にプロジェクトを発足し、同年10月に参加チーム46チームが募集わずか2ヶ月で決定した。参加チームは2020年の夏の予選会を通過した高校で、発起人である大武さんの母校は、当時の甲子園東東京予選で敗退している。当時の代表校は「帝京高校」。「自分も出たいですけど、自分が出たいから企画を始めたわけじゃなくて、甲子園に出るはずだったチームが出ないのがモヤモヤしていて、だからこそ自分たちの代表チームである帝京さんに出ていただきたい」と裏方としての覚悟は決まっている。

プロジェクトを支えるのは、10代20代で起業をした若手経営者やインフルエンサー。人選の理由として「若者が挑戦できる社会をつくること」を、大会運営の過程の中でメッセージとして発信をしていきたいと言う思いから。今後は6月にクラウドファンディングを実施し、11月の開催に向けて彼らの甲子園への歩みは続く。

この記事はWEBザテレビジョン編集部が制作しています。

■「あの夏を取り戻せ 全国元高校球児 野球大会 2020-2022」公式サイト
https://www.re2020.jp/
栄冠は君に輝く
栄冠は君に輝く
行進曲 (アーティスト), コロムビア合唱団 (アーティスト), 伊藤久男 (アーティスト), 加賀大介 (その他), 久石譲 (その他), 龍野順義 (その他), 古関裕而 (その他), コロムビア・オーケストラ (演奏), 龍野順義 (演奏)
日本コロムビア
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
2

  • 2023年11月29日に元高校球児たちが甲子園に集う
  • プロジェクト発起人の大武優斗さん
  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は4/5!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

もっと見る