閉じる

ムロツヨシ、身代わりになれるなら「高校選手権に出場するスポーツ選手」 20年ぶりの共演となった永山瑛太とのエピソードも明かす<身代わり忠臣蔵>

2024/02/09 08:30

ムロツヨシ
ムロツヨシ撮影=梁瀬玉実

ムロツヨシが主演する映画「身代わり忠臣蔵」が2月9日(金)に全国公開。初めて1人2役を演じた本作についてはもちろん、約20年ぶりの共演となった永山瑛太や、川口春奈林遣都との撮影エピソード、さらにムロが子どもの頃のスポーツや勉強の話も飛び出し、新たな一面がかいまみれた。

映画「身代わり忠臣蔵」より
映画「身代わり忠臣蔵」より(C)2024「身代わり忠臣蔵」製作委員会


本作は、「超高速!参勤交代」など数々のコメディ時代劇を生み出す土橋章宏氏の同名小説が原作。舞台は江戸時代中期。吉良上野介を襲い切腹した浅野内匠頭の家臣・赤穂浪士たちの復讐物語「忠臣蔵」を新解釈。上野介が急死し、弟・孝証が兄の替え玉となりお家存続を図る中、赤穂浪士の大石内蔵助と世紀の大芝居を決行する。ムロが吉良上野介と孝証の1人2役を、永山瑛太が大石内蔵助を演じ、川口春奈林遣都、北村一輝、柄本明らが出演する。(以下、ネタバレを含みます)


吉良上野介を演じるシーンは、監督から「もっと、もっと」の声

ムロツヨシ
ムロツヨシ撮影=梁瀬玉実


――本作のオファーがきた時の第一印象を教えてください。

今回、このお話をいただいて最初に思ったのは「そういえば、最近テレビで『忠臣蔵』ってやってないな」ということでした。僕が子どもの頃は、年末特番で「忠臣蔵」が頻繁に放送されていたし、1年を通して「水戸黄門」や「大岡越前」など時代劇ドラマが放送されていました。

だからといって子どもの僕は、そんなに時代劇を見てなかったんですけど、どの作品もなんとなく名前と内容は知っていました。その中で「忠臣蔵」も多少は知っている存在でしたが、今はあんまりテレビで放送されていないように思えて、一般的に身近に感じられていないかもって思ったんです。

次に思ったのは、本作は赤穂浪士の大石内蔵助側じゃなくて、まさかの切られた吉良上野介側がメインとなったお話。「身代わり」というタイトルの通り、弟が上野介の身代わりになって赤穂浪士の恨みと向き合うという考え方って、今までなかったな…そういう視点があるんだな…ということでした。

――本作では、吉良上野介とその弟・孝証の1人2役を演じられましたが、どんな役作りをされましたか。

まず、兄の吉良上野介のことを考えました。「なんで浅野内匠頭に切られたのか」「上野介は浅野に何をしたのか」「どうしてそんなに嫌われたのか」などいろいろ想像しました。その時代、江戸城内で刀を抜くのは一大事ですから、浅野がそういう行動をしてしまった上野介の人間性を考えれば考えるほど難しさを感じました。

上野介のイメージをふくらませて現場に入りましたが、監督から「もっと、もっと」と言われたのをすごく覚えています。自分のイメージよりもさらに傍若無人で、礼儀知らずで優しさなんてものがない。むしろ「人じゃないんじゃないか」ぐらい足していって、あの上野介になりました。

弟の孝証は、長男で生まれなかったばかりの不幸はあるけれど、結局反発してグチをいってるだけという人なので、上野介の正反対で振る舞いを自由に。それこそ現代人の動きを取り入れたりしつつ、その時代にそぐわないところをつけていった感じでしたね。

――細かくいうと、1人2役というよりは吉良上野介と弟・孝証、上野介の身代わりを演じる孝証と、1人で3役を演じたようにも思いますが、どう感じられていましたか。

上野介が亡くなってからは、孝証と上野介の身代わりをする孝証を演じることになりますので、1人2役ということになるんだろうなと思っていました。序盤は上野介と孝証、それ以降は孝証と上野介の身代わりをする孝証と、演じる上では区切りがつけやすかったです。

孝証が上野介の身代わりをしているシーンの中では、柄本明さん演じる柳沢吉保(徳川将軍に仕え、幕府の裏を牛耳る権力者)と対峙したシーンが印象に残っています。どうしても説得力がないといけないと思いながらも、面白い部分でもあるので、「柄本さんの前で何ができるかな」と考えながら演じて、少し緊張した記憶があります。

ムロツヨシ
ムロツヨシ撮影=梁瀬玉実


永山瑛太“大石”とのシーンに緊張、林遣都“斎藤”とのやり取りを作るのは楽しかった

映画「身代わり忠臣蔵」より
映画「身代わり忠臣蔵」より(C)2024「身代わり忠臣蔵」製作委員会


――赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助を演じた永山瑛太さんとは、映画「サマータイムマシン・ブルース」(2005年)以来、約20年ぶりの共演ということですが、印象に残っているシーンはありますか。

やっぱり1番最初に撮影したシーンですね。朝方、2人が店から出てくるシーンで、ただ一緒に酔っ払いながら歩くだけなんですけど、それが逆に緊張して(笑)。「自由に動いてください」「酔っ払った感じでお願いします」と言われて、よく考えたら「それって、20年前僕たちがよくやってたことじゃん」って思い出して、恥ずかしくもなってきちゃいました。

あとやはり、お寺の中で孝証と大石が向き合うシーンは印象深いです。大石の生き様や思いを聞いて、孝証が初めて人としての生きがいを見つける瞬間でもありますので、思い入れがあります。

――川口春奈さん演じる桔梗(吉良家に仕える女中)とは、恋を感じられるシーンもありましたが、共演されていかがでしたか。

川口さんも、ドラマ「天魔さんがゆく」(2013年、TBS系)で共演して以来、約10年ぶりの共演だったんですが、可憐な方になったなぁ〜と思いました。僕演じる孝証に優しくしてくれて、ちょっと好きになるけど拒まれる…みたいなやり取りは、演じていて面白かったです。

空き時間もふざけた話ばかりしていて楽しかったんですけど、なぜかずっと「いつも『モニタリング』(TBS系:川口がレギュラー出演中)に出てくれてありがとうございます」と言ってたのが印象に残っています。「なんで君が代表してお礼言うんだよ」って思わずツッコんじゃいますよね。

――吉良上野介の側近・斎藤宮内を演じる林遣都さんとのやり取りは、とてもコミカルでしたが、アドリブ満載だったのでしょうか。

アドリブというよりは、2人で作っていったというところが大きいですね。最初の身代わりになるまでの斎藤とのやり取りが面白くないと、「ただ身代わりになっちゃった」で終わってしまって物語として成立しないと思いましたし、その後の2人のシーンも時間をかけて話し合いました。

林くんが「動きに合わせます」とおっしゃってくれていたので、打ち合わせよりタイミングを変えてみたり、ちょこっと大げさにしてみたり、やる予定だったことをやらなかったり。僕が自由に動かないと林くんが困ってしまうので、“いたずら”ではないんですけど、林くんが驚くように、ドタバタするように、いろいろ変化させながら演じましたね。孝証と斎藤のでこぼこな関係を作っていくのは楽しかったです。

下に続きます
「身代わり忠臣蔵」
2月9日より公開中
公式サイト
https://migawari-movie.jp/
身代わり忠臣蔵 (幻冬舎時代小説文庫)
身代わり忠臣蔵 (幻冬舎時代小説文庫)
土橋章宏 (著)
幻冬舎
発売日: 2020/12/09
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
19

  • ムロツヨシ
  • 【撮りおろし11枚】カーテンからチラッとこちらをのぞく姿がおちゃめなムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • ムロツヨシ
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」より
  • 映画「身代わり忠臣蔵」ポスタービジュアル

関連人物

  • ムロツヨシ

    ムロツヨシ

  • No Image

    永山瑛太

  • 川口春奈

    川口春奈

  • No Image

    林遣都

  • No Image

    土橋章宏

  • 柄本明

    柄本明

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は7/5!第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

もっと見る