松島庄汰が視聴者の目と耳を癒やす!「僕のウィスパーボイスを感じてほしい」

2019/01/18 08:30 配信

バラエティー

日本初のオリジナル番組「ヨルヨミ」で「人間椅子」を朗読する松島庄汰
日本初のオリジナル番組「ヨルヨミ」で「人間椅子」を朗読する松島庄汰


近年、動画サイトを中心に話題の、聴覚や視覚への刺激によって快感を得る現象“ASMR”。そんなASMRに注目した日本初のオリジナル番組が「ヨルヨミ」(dTVチャンネル内のひかりTVチャンネル+にて配信中)だ。360度録音可能のバイノーラルマイクを駆使し、毎週異なる俳優が文豪たちの名作を読み聞かせ。視聴者の目と耳を癒やす。1月は“真夜中のラブソング”をテーマに、松島庄汰が読む江戸川乱歩「人間椅子」のほか、狂気の愛を描いた名作がそろう。第一回の太宰治「おさん」に続いて「人間椅子」を朗読する松島が、ASMRや番組の魅力を語った。

「こんなにゾクゾクしたのは、初めての経験」


「人間椅子」を読んで「僕もイスに入ってみたいと思いました」
「人間椅子」を読んで「僕もイスに入ってみたいと思いました」


「『人間椅子』は今回初めて読ませていただいたんですが、僕がホラーが好きなのもあって、読んでるうちにどんどん気持ちが持っていかれました。こんなにゾクゾクしたのは、読書をしていて初めての経験でした。イスの中に人間が入ってる…実際になくはない設定なのがまた怖いし、興味深かったです。イスの中に入っているから、座っている女性のことを見ることはできないけれど、触覚や聴覚を使って感じる。それってどんな感覚なんだろう? 僕もイスに入ってみたいと思いました」

「見てくださる方の耳のそばで囁くイメージで朗読しました」


「普段とのお芝居とは逆で、気持ちを抑えることを意識しました」と朗読は難しかったと言う
「普段とのお芝居とは逆で、気持ちを抑えることを意識しました」と朗読は難しかったと言う


舞台経験が多い松島だが、舞台とこの朗読とは「勝手が違い難しかった」と言う。

「気持ちがどうしても入っちゃうんです。特に今回の『人間椅子』は手紙で語りかけるというお話なので、より気持ちが持っていかれてしまう。感情を入れ過ぎると番組の趣旨とずれてしまうんです。あくまでも視聴者を“癒やす朗読”なので。

普段とのお芝居とは逆で、気持ちを抑えることを意識しました。そのあたりのバランスがすごく難しかったです。監督からは『ウィスパーに』というリクエストもいただいたので、見てくださる方の耳のそばで囁くイメージで朗読しました。舞台では声を張るよう言われることはあっても、ウィスパーにと言われることはないので(笑)、調節が難しかったですがいい経験になりました」

「ぜひヘッドフォンをして、ウィスパー具合を感じてほしい」とPR
「ぜひヘッドフォンをして、ウィスパー具合を感じてほしい」とPR


「ヨルヨミ」
毎週(金)夜9:00-9:30ほか(見逃し配信対応)
dTVチャンネル内のひかりTVチャンネル+にて配信中

松島庄汰の出演回
#1「おさん」(太宰治) 1/15(火)夜0:30-ほか配信(1/29(火)まで見逃し配信中)
#13「人間椅子」(江戸川乱歩) 2/12(火)夜0:30-ほか配信(2/26(火)まで見逃し配信中)
ヨルヨミの番組情報はhttps://dch.dmkt-sp.jp/special/ct/c90000008?campaign=kad90000001から

↓↓ほかにも注目番組多数!「dTVチャンネル」1月のイチオシ番組もチェック!↓↓



↓↓「ザdTVチャンネル」開設記念プレゼントキャンペーンを実施中↓↓

関連人物