草なぎ剛「ダメおやじ役、楽しかった」【連載コラム】

2019/02/23 00:00 配信

少年ぽさをイメージした、モッズコートで撮影!

少年ぽさをイメージした、モッズコートで撮影!

初のファンミーティングも大反響の草なぎ剛。「月刊ザテレビジョン」の連載「お気楽大好き!」で、3月15日に公開が迫る映画「まく子」についてたっぷり語ります!

微妙なさじ加減でうまく演じてます(笑)

 映画「まく子」の話をします。いよいよ3/15[金]に公開です。僕は主人公サトシ(山﨑光)の父・光一役。といっても、あんまり僕は出てないんだけど(笑)。最近、原作を読んでいるんだけど、映画を見てから本を読むのも楽しくて。西加奈子さんの本、すごくいいんです。原作にはいろんな人が出ていて、変な人もたくさん出てくる。それを鶴岡慧子監督が映画化するに当たって、実に見事に練られて撮られた作品なんだなと。景色も、サトシお気に入りの城跡の丘の上とか、読んでいると本にぴったりで。面白い映画だなと思いました。

 僕の役も、女の人に目がなくて、どうしようもないような感じなんだけど、すごい楽しかった。ちょっと“ヘンなおじさん”のダメダメおやじの役も案外いいなと。自分の中で新しい何かが広がった役で「監督、また呼んでください」と言いました。今回ポイントポイントに出てる感じなので「次はスピンオフで、僕のおやじのヤツだけ作って」と言ったら監督、微妙なリアクションしてましたけど(笑)。

 印象に残っているシーンは、後半サトシと2人並んで話すシーン。あそこは非常に重要なシーンでね。サトシは成長して大人になっていく自分がものすごく嫌で、そういう現実から目を背けたいと思ってるんだけど、ここ以降、サトシは一歩大人になるというか。ひとまず決着をつけて、最後に向かっていくから、このシーンがないとこの映画は成立しない。そこをね、草彅くんがうまく演じてるわけですよ。すごい微妙なさじ加減で。このシーンを見るだけでも、この映画を見る価値がある、と自分で言っちゃってますけど(笑)。

子供のころを思い出したりもした (2/3)

月刊ザテレビジョン「草彅剛の『お気楽大好き!』」連載中!

「お気楽大好きWEB」も好評配信中!
https://thetv.jp/feature/okiraku/

「まく子」3月15日全国ロードショー
原作:「まく子」西加奈子
監督・脚本:鶴岡慧子
出演:山崎光、新音、須藤理彩、草なぎ剛ほか

「家族のはなし PART1」
5月4日~6月1日 京都劇場

キーワード

関連番組

関連人物