閉じる

トラウデン直美、“経済効果100億超”コミケの実態に言及「ガイドラインを再検討した方が良い」

2020/01/08 19:31

「AbemaPrime」より
「AbemaPrime」より(C)AbemaTV


1月6日にAbemaTVで放送された「AbemaPrime」(毎週月~金曜夜9:00-11:00、AbemaNews)で、「コミケ」の愛称で知られる、世界最大の同人誌展示即売会「コミックマーケット」について議論が展開した。

2019年12月に行われたコミケの来場者数は75万人に上り、経済効果は“100億超”と、驚きの数字をたたき出す巨大マーケットとして国内外に認知されるようになった。その一方で、著作権を巡るさまざまな問題点が取り沙汰される現状も。

そこで番組では、同人誌の“二次創作”というグレーな実態について話し合いがされた。

「原作のファンのつもりで…」


「AbemaPrime」より
「AbemaPrime」より(C)AbemaTV


本放送では、いつもMCを務めるカンニング竹山に代わり、普段はコメンテーターとして出演する幻冬舎の編集者・箕輪厚介がMCを務めた。

自身も著書を持つ箕輪は、この“二次創作”問題について「自分の本が売れるということを含めて、SNS上で盛り上がってほしいと思います。いろんなパロディーをやっている人がいますが、それが広がれば広がるほどオリジナルも読まれる。

僕個人としては、オリジナルを作ったクリエーターに対して、何かしら還元されるような仕組みがあった上で、“二次創作”というこんなにも需要がある市場は育てていくべきだと思います」と、互いに利益を享受する制度の整備を条件、賛成する考えを示した。

これに対し、小説家の幾谷正は「自分も創作をする前にオタクとして“二次創作”が好きな時代があって。その時に、原作のファンのつもりで“二次創作”の同人誌を買って気付いたら10万円ぐらい使っていたのに、原作のコミックやCDには1000円ちょっとしか使っていなくて。

自分の中でファンの心理として買っていたはずなのに、原作者や公式に関わっている人に全く還元されていなかった。自分が小説を書くようになってからはなおさら、『これは本当に正しいことなのか?』と疑問を持つようになった」と“二次創作”に異を唱えた。

下に続きます
■画像をクリックして「AbemaPrime」をAbemaビデオで見よう

【MC】
箕輪厚介
アンカー:池澤あやか

【レギュラー】
夏野剛
青峰佑樹
気象予報士:穂川果音
司会進行:平石直之

【ゲスト出演】
トラウデン直美
山田太郎(参議院議員)

画像一覧
4

  • トラウデン直美らがコミケの“二次創作”について議論!
  • 【写真を見る】編集者・箕輪厚介らと議論を交わす、真剣な様子のトラウデン直美
  • 「AbemaPrime」より
  • 「AbemaPrime」より

関連人物

  • No Image

    夏野剛

  • トラウデン直美

    トラウデン直美

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

  • 箕輪厚介

    箕輪厚介

  • No Image

    幾谷正

  • 【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

もっと見る