助演女優賞は「恋つづ」香里奈 『おうち飲みのシーンは毎回楽しかったです(笑)』【ドラマアカデミー賞】

2020/05/21 12:00 配信

助演女優賞は「恋はつづくよどこまでも」の香里奈が受賞

助演女優賞は「恋はつづくよどこまでも」の香里奈が受賞

2020年冬クールの作品を対象にした第104回ドラマアカデミー賞の結果を発表中。助演女優賞は、「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)の香里奈が受賞した。

演じた天堂流子は、主人公・七瀬(上白石萌音)が恋する医師・天堂浬の姉。七瀬の良き相談相手でもあり、「姉御っぽい役がハマり役」だと支持を集めた。そんな香里奈に受賞の感想と印象に残っている場面を聞いた。

仁志君と小石川先生とのシーンは笑いが止まらなかった

――特に読者から圧倒的な票が集まり、助演女優賞に選出されました。受賞へのお気持ちをお聞かせください。

ありがとうございます! 流子というキャラクターにも注目していただいて、とても嬉しかったです。情熱を注いで作品を作ってきたスタッフ、キャストの皆様、そして、このドラマを視聴して頂いた、たくさんの方々へ、心より感謝いたします。

――流子という役は、どのようにアプローチして役づくりをしましたか?

原作の漫画を全巻とにかく読んで、流子のキャラクターを作っていきました。原作のイメージを壊さないように、ドラマならではの流子というものも意識しながら演じさせていただきました。

――演じていて難しかったところや、楽しかったところを教えてください。

話の展開が早かったり、台本には描かれていないバックグランドが沢山あったので、想像しながら演じる事が難しかったです。

楽しかったところは沢山ありますが、おうちでお酒を楽しく飲んで会話しているシーンは毎回楽しかったです(笑)。特に仁志君(渡邊圭祐)と小石川先生(山本耕史)との3人でのシーンは、3人それぞれがParaviの“まだまだ恋はつづくよどこまでも”の話の展開を少し匂わせながら演じていたので、笑いが止まりませんでした。(笑)

――好きだったシーンや思い出に残っているシーンを教えてください。

第9話の酔いどれエンジェルズ!(笑)

上白石萌音、佐藤健の印象も! (2/3)

↓↓ドラマアカデミー賞 特設ページはこちら!↓↓
ドラマアカデミー賞

関連番組

関連人物