閉じる

「猫侍」北村一輝、かわいすぎるスター猫「あなご」と登場

2015/08/21 15:44

コワモテ剣豪・斑目久太郎役の北村一輝と玉之丞役の猫あなご
コワモテ剣豪・斑目久太郎役の北村一輝と玉之丞役の猫あなご Photo:Arata Kato

“まだら鬼”の異名を持つコワモテの剣豪・斑目久太郎と、白猫・玉之丞のツンデレな関係が多くのファンの心を捉えて離さない癒やし動物時代劇「猫侍」。2015年9月5日には劇場版第2弾『猫侍 南の島へ行く』が公開される。本作では原案や共同脚本にも名を連ね、制作にも力を入れる主演の北村一輝にインタビューを行った。

作品の見どころについて尋ねると「この映画は作り手側の目線があるのでまだ客観視できていない」と前置きした上で、「話が奇想天外にテンポよく進むので、深く考えずに気軽に見られるところ。楽しくてあっという間に終わってしまいます」と話す。

前作の「猫侍」は北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS」で上映され、ニューヨーカーにイスから転げるくらい笑ってもらえたという。これを受けて今作については、「今回は前作と比べてより分かりやすく、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんが孫と一緒に見られる作品。作り手や役者が作品のクオリティよりも、楽しんでもらうためだけに徹した映画。そういうのも必要じゃないかと。酷評をくらってもOKです」と笑顔で語った。

また、取材には玉之丞を演じる猫、あなごも登場。本作では、玉之丞が黒猫と恋に落ちる設定だが、その舞台裏ではケンカばかりしていたそうで「あまりにも仲が悪くて大変でした。そのせいでエンディングが少し変わってしまったんですよ(笑)。脚本も書き換えました」という衝撃の事実を明かした。

「前回のドラマで猫がたくさん集合したときは、猫にも性格の合う合わないがあり、学校のクラスみたいで。あなごは高いところに上り大人しくみんなを見下してるタイプ。俺も見下されてましたよ(笑)。一歩上を行かれている感じですね」とあなごのスター性あふれるエピソードも語ってくれた。

プライベートでも動物好きという北村は「近くにペットショップがありますが見ないようにしています。撮影で家にいなかったりするからなかなか飼えないのに、見ると飼いたくなってまいってしまう」。「飼うとしたら猫ですか?」という質問に対しては「猫か、大きい海ガメか、ナマケモノか、ブタがいいですね。ブタはすごくかわいいけど大きくなったら100キロくらいになっちゃうんですよね」と笑顔で語り、意外な一面も見せてくれた。

最後に読者へのメッセージとして「この作品は家族で、特に小さいお子さんがいる方にぜひ見てもらいたいです。そんな作品を作りました」と語った。

この記事はWEBザテレビジョン編集部が制作しています。

【公開情報】
映画『猫侍 南の島へ行く』
9/5(土)より全国ロードショー
'15年日本 監督:渡辺武/原案・脚本:北村一輝 
出演/北村一輝 LiLiCo 髙山善廣 木下ほうか 酒井敏也 緋田康人 木野花 横山めぐみ

【放送情報】
CS放送の映画・チャンネルNECOでは9月に前作の『劇場版 猫侍』、ドラマ版「猫侍SEASON1」を放送 
「猫侍 SEASON1」全12話・一挙放送
9月1日(火)朝9:30-12:00ほか(4話連続放送)
『劇場版 猫侍』
9月4日(金)昼3:00-5:00ほか
公式HP→http://www.necoweb.com/neco/

画像一覧
10

  • コワモテ剣豪・斑目久太郎役の北村一輝と玉之丞役の猫あなご
  • 【写真を見る】美しすぎる顔立ちの猫「あなご」
  • 北村も猫「あなご」にデレデレ
  • あなご 14才 メス
  • 澄み切った瞳にスタッフも釘づけに
  • 現場でもとても大人しくおりこうさん
  • 家族で、特に小さいお子さんがいる方にぜひ見てもらいたいと話す北村
  • 猫か、海ガメか、ナマケモノか、ブタを飼ってみたいですね
  • 話が奇想天外にテンポよく進むので、深く考えに気軽に見られますよ
  • 斑目久太郎が、愛猫・玉之丞を連れて土佐へと向かう
  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

もっと見る