絶唱

大地主の息子と貧しい山番の娘の悲恋を描いた大江賢次の小説3度目の映画化。身分違いで結婚を許されない順吉と小雪は、駆け落ちをするが、順吉に召集令状が届く。