女が眠る時

スランプに陥った作家が、リゾートホテルで出会った謎めいたカップルに魅入られていくミステリアス・ドラマ。作家の清水健二は、妻の綾と共に郊外のリゾートホテルを訪れる。滞在初日、プールサイドで異様な存在感を放つ初老の男・佐原と、若く美しい女・美樹のカップルに目を奪われる健二。その日以来、二人を見かけるたびに後を追い、部屋をのぞき見るようになっていく。そこには、美樹の体の産毛をカミソリで丁寧に剃り、毎晩彼女が眠る姿を撮影し続ける佐原の姿があった。健二は危険を感じながらも、ますます好奇心を掻き立てられていく。