ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞 受賞インタビュー

菜々緒

印象的な心の声はやっぱり〝ダイオウイカ〟

「レミ絵は演じていてすごく楽しいキャラクターでした。〝心の声〟のお芝居では、レミ絵は〝目で殺す〟イメージなので、にらみを聞かせてました(笑)。心の声の収録では、監督から『最大限の早口で!』と指示されたのですが、これが苦手で…。印象的な〝心の声〟は『深く深く落ち込んでください。ダイオウイカの生息水域水深500mぐらいまで』。もう完全に覚えちゃってます(笑)。一番の悪女だったのに、ファンが多かったのもレミ絵が愛すべきキャラだったからだと思います。でも、実際にレミ絵が近くにいたら絶対一緒に仕事はしたくないですけどね(笑)。再終話はアドリブで「I'll be back!」と言ったんですが、またレミ絵を演じる機会があればうれしいです!」

ファースト・クラス

沢尻エリカ演じるちなみが、ひょんなことから憧れの女性ファッション誌「FIRST CLASS」の編集部で働くことになり、編集長・留美(板谷由夏)の下、個性的で強烈なキャラクターぞろいの編集部で、のし上がっていく現代版シンデレラストーリー。

第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報