ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞 受賞インタビュー

連続テレビ小説「あさが来た」

どんな時代からでも朝ドラは作れるのではという可能性を広げた(佐野元彦制作統括)

「前から欲しかった賞でしたので大変うれしいです。大阪の図書館で、原案本となる古川智映子先生の『小説 土佐堀川』に出合ったことがスタートであり、全てでした。幕末の大阪の商売の世界という見慣れない世界を映像化することは大変でもあり、やりがいがありました。『あさが来た』では、〝昭和の時代〟に生まれたテレビドラマの、偉大な先人たちに少しでも近づけるように頑張ってまいりました。『ある部分では追い付けたかな』と思いますが、まだまだ届いていない部分もあると思います。

幕末スタートということで、今後ホームドラマというところに焦点を当てれば、どんな時代からでも朝ドラは作れるのではという可能性を広げたドラマだったと思います。俳優の皆さんの頑張りに支えられ、脚本の大森美香さんには、どのキャラクターの中にも悲しみや喜びの見せ場を作り上げていただき、物語全てに、優しさと温かさが行き渡ったと思っています。」(佐野元彦制作統括)

あさが来た

実在した幕末生まれの女性実業家・広岡浅子の人生をモデルに、相撲好きなおてんばヒロイン・あさを波瑠、優しい夫の新次郎を玉木宏が演じる。あさは実業家として奮闘するが、男社会でなかなか認められずに苦労する。だが、夫の支えを得ながら、銀行などさまざな事業に尽力し、日本初の女子大学設立をする。

第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報