ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞 受賞インタビュー

大森美香

日々を大切に生きれば、いつかは朝が来る

「波瑠さん、玉木宏さんと一緒の受賞、そして監督をはじめ、みんなで作り上げた作品が認めていただけたことが本当にうれしいです。〝朝ドラ〟は、長いからこそ主人公だけでなく全キャラクターを存分に描くことができました。一人一人のキャラの背景を考え、見ている方にもいろんな視線で楽しんでいただければと思い、執筆していました。

あさが新次郎にソロバンをもらう場面と、あさとはつのいいなずけが逆だったことが判明する場面が、物語の方向性を決めたと思います。また、印象深いのは、炭坑に新次郎がかごでやって来るシーンや、思いを残して加野屋を去っていく雁助のシーンです。中盤から大好きだったキャラたちが次々と退場してしまい、心細い気持ちになりましたが、新しい登場人物たちの元気さや、主人公夫妻をはじめ、ブレないキャラクターの存在が救ってくれました。作品を通して、『日々を大切に生きれば、いつかは朝が来る。人生はそんなには悪くないのではないか』ということを感じてくださったらうれしいです。」

あさが来た

実在した幕末生まれの女性実業家・広岡浅子の人生をモデルに、相撲好きなおてんばヒロイン・あさを波瑠、優しい夫の新次郎を玉木宏が演じる。あさは実業家として奮闘するが、男社会でなかなか認められずに苦労する。だが、夫の支えを得ながら、銀行などさまざな事業に尽力し、日本初の女子大学設立をする。

第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報