<西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「忘れないように、忘れられないように」【短期集中連載/第11回】

2020/11/02 23:30 配信

映画

映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第11回
映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第11回

芸人、絵本作家ほか、ジャンルの垣根を飛び越えて活躍する西野亮廣。2016年に発表し50万部を超えるベストセラーとなっている絵本『えんとつ町のプペル』だが、実は映画化を前提として設計された一大プロジェクトだった。構想から約8年、今年12月の映画公開を目前に、制作の舞台裏と作品に込めた“想い”を語りつくします。第11回目は、西野亮廣を作品制作に駆り立てる、あまりに大きな動機について、です。その出来事が起こってしまった2015年の夏を振り返ります。

映画『えんとつ町のプペル』より煙の向こう側を目指すルビッチとプペル。公開に向けていよいよ制作も最終局面に突入
映画『えんとつ町のプペル』より煙の向こう側を目指すルビッチとプペル。公開に向けていよいよ制作も最終局面に突入

おとぎ町


とてもセンシティブな内容なので、これまでずっと黙っていたのですが、映画『えんとつ町のプペル』ができるまでの物語を語る上で、絶対に外すことができない思い出があります。絵本『えんとつ町のプペル』が世に出る一年前の話です。
 
あの夏、僕は東京・青山で『おとぎ町ビエンナーレ』という個展をおこなっていました。SNSで皆が「いいね」や「フォロワー」と求めるようになり、国民全員が発信者となった今、お客さんは「サービスを受け取る」だけでは飽き足らず、面白い発信をする為にコストを割くようになりました。僕らがイベントチケットを販売するときは、チケット料金が安い順から「B席」「A席」「S席」「スタッフになれる権」とあるのですが、毎回、一番最初に完売するのは最も値段の高い「スタッフになれる権」です。

それこそ、エッフェル塔でおこなった個展の際に出した「スタッフになれる権」は即完。エッフェル塔の中で、パリの夜景をバックにスタッフの皆とおこなった打ち上げは、とても良い思い出です。

「面白い仕事を買う」「お金を払って働く」は、上の世代の人からすると「ブラック企業」や「やりがい搾取」、はたまた「カルト宗教的」に見えるそうですが、本質的には「お金を払って火をつける」や「お金を払って肉を焼く」とやっているBBQやキャンプと変わりません。今となっては、(少なくとも自分達周りでは)ベターとなりましたが、当時は、「お金を払って働く」なんて、誰も考えていません。そんな中、その道を切り開いたのが『おとぎ町ビエンナーレ』でした。
 
スタッフは、ほぼ全員がボランティアか〝有料ボランティア〟。仕事の対価は、仕事終わりの打ち上げと、「まだ何者でもない自分達が、万人規模のイベントを仕掛けている」という体験です。ボランティア募集をかけたところ、200枠がすぐに埋まり、そこで僕は「今のお客さんは発信したがっている」ということに気がつきます。
 
ボランティアスタッフが集まった最初の会議で、僕は、「発信者と受信者の境界線を曖昧にして、お客さんが作って、お客さんをお招きするエンタメを作りましょう」と話しました。その話を他の誰よりも前のめりで聞いていたのが、「ノンちゃん」でした。四六時中、前歯を出してデレデレ笑っている女の子です。

ボランティアスタッフのリーダーに立候補してくれたノンちゃんは、僕とボランティアスタッフの間に入ってくれて、全員に分け隔てなく愛情を注ぎ、時々、「もっと、しっかりしてくださいよ!」と僕を叱ります(笑)。
 
個展会場の設営は学生時代の文化祭のようで、僕も仕事が終われば会場に向かいトンカチ片手にトンテンカン。設営の終わりが近づくと、誰かが近くのコンビニから大量の缶ビールを買ってきて、まもなく個展会場の前で宴が始まります。「オープンに間に合うかな」と言いながら、ビールと枝豆を口に放り込み、完成前の個展会場の入場ゲートを眺める面々。

『おとぎ町ビエンナーレ』の入場ゲートには、少し汚れた幕が垂れています。これはノンちゃんからの提案でした。

「西野さん。この幕の、新しい感じ、なんか鼻につきません?」「鼻にはつかないけど、言いたいことはわかるよ」「ちょっと〝汚し(よごし)〟を入れてアンティーク感を出した方が、温かい感じがすると思うんです」「そうだね。ちょっと汚そうか」「私、やっときますね」

そう言うと、「ノンちゃん」は近くの〝植え込み〟に走ります。何事でしょうか? 様子を見ていると、植え込みから盗んできた土を、入場ゲートの幕に塗り込むノンちゃん。

「ノンちゃん! 土でやっちゃうの?」「一旦、土で試してみます」「それより、植え込みの土は盗んじゃダメだよ」「わかってますよ。絶対に黙っておいてください。ギャハハ」。また前歯を出して笑います。

映画『えんとつ町のプペル』より。MV(欄外動画)でもおなじみの、スモーキー達によるハロウィンパーティーのシーン
映画『えんとつ町のプペル』より。MV(欄外動画)でもおなじみの、スモーキー達によるハロウィンパーティーのシーン

◼︎「ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

◼︎「HALLOWEEN PARTY-プペルVer.- 」( ダンス編 )



◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

PROFILE●1980年、兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。1999年、梶原雄太と「キングコング」を結成。2001年に深夜番組『はねるのトびら』のレギュラー出演決定と同時に東京進出を果たす。2005年に「テレビ番組出演をメインにしたタレント活動」に疑問を持ち、「自分の生きる場所」を模索。2009年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家デビュー。2016年、完全分業制による第4作絵本『えんとつ町のプペル』を刊行し、累計発行部数50万部を超えるベストセラーに。2020年12月公開予定の『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務める。現在、有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破し、国内最大となっている。芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

◼︎オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」
https://salon.jp/nishino
西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを先んじて知れたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする国内最大の会員制のコミュニケーションサロン。コワーキングスペース「ZIP」の利用やサロンメンバーだけでの特典も多数。

関連番組

関連人物