松岡昌宏が警察官を監視する「警察の中の警察」に! 緊迫のハードボイルドサスペンス「連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル」が2021年放送決定

2020/11/10 05:00 配信

ドラマ

伊兼源太郎による傑作警察ミステリー小説をドラマ化した「連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル」が、2021年にWOWOWプライムにて放送されることが決定。本作の主演を、WOWOWドラマ初出演となる松岡昌宏が務めることが明らかになった。松岡は警察内部の規律を守るため、同僚である警察官を疑い、見張り、時には告発する警視庁人事一課の佐良正輝(さらまさき)を演じる。

【写真を見る】「刑事VS犯人」の構図を取る従来の警察ドラマとは一線を画した本作に期待大!
【写真を見る】「刑事VS犯人」の構図を取る従来の警察ドラマとは一線を画した本作に期待大!(C)2019伊兼源太郎/実業之日本社


新聞社勤務などを経て、2013年に「見えざる網」で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビューを果たした気鋭作家・伊兼源太郎。人間ドラマを巧みに織り込んだ社会派作品を数多く手掛け、2020年5月からは4か月連続で新刊が刊行されるなど、今最も活躍しているミステリー作家の一人だ。

そんな彼の同名小説を原作とする同ドラマは、4万人を超える警視庁職員の不正を突き止める警視庁人事一課(通称:ジンイチ)監察係の活躍を描く。調査にあたる監察係員たちは「警察の中の警察」と恐れられ、「監察対象となっただけでも警察官のキャリアが終わる」とも言われているため、仲間たちからも忌み嫌われてしまう孤独にして秘密主義のプロ集団だ。

本作の主人公・佐良正輝は、ある事件の捜査中に後輩刑事を殉職で失い、捜査一課からジンイチに異動。同僚からは「裏切り者」と敵視されながらも孤独に業務をこなすが、一通の密告文に端を発して、かつての同僚・皆口菜子の監察を命じられることに。皆口の尾行(行動確認)を進めるうちに、佐良はある未解決事件の真相と、警察内部に潜む深い闇にたどり着くのだが…。

近年、「家政夫のミタゾノ」シリーズ(2016年~、テレビ朝日系)や「死役所」(2019年、テレビ東京系)など、キャラクター性が強い役柄で世間の大きな話題をさらっている松岡だが、今回は一転して、過去の事件で人生が一変した影のある警察官・佐良をハードボイルドに演じる。

松岡昌宏が“コウカク”を行う最新カットも!

「連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル」で松岡昌宏がWOWOWドラマ初出演&初主演!
「連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル」で松岡昌宏がWOWOWドラマ初出演&初主演!


また、すでに撮影がスタートしている本作の最新場面写真も併せて公開に。監察対象者をコウカクしている佐良が、周囲に溶け込むような目立たない格好に身を包み尾行しながら、証拠を収めるため険しい表情でカメラを構えている姿が印象的なカットとなっている。

ジンイチによる監察対象の行動確認(通称:コウカク)は、本来“尾行のプロ”である身内の刑事たちにも気づかれない高い技術が必要。それだけに、佐良の緊迫感あふれる「コウカク」シーンも本作の見どころとなりそうだ。

本作の監督は「連続ドラマW 殺人分析班」シリーズなど、数多くのクライムサスペンス作品を手掛けてきた内片輝。脚本は「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」の鈴木謙一、音楽は映画「見えない目撃者」の大間々昂が担当する。「刑事VS犯人」という構図の警察ドラマとは一線を画した本作をどのように描いていくのか注目だ。

■「連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル」
2021年、WOWOWプライムにて放送
https://www.wowow.co.jp/drama/original/mikkoku/

関連番組

関連人物