宮野真守、ドラマ『半沢直樹』の裏側を告白「黒崎の部下になったからにはやられたかった」

2020/11/17 17:40 配信

バラエティー

宮野真守が「しゃべくり007」に出演した

宮野真守が「しゃべくり007」に出演した

11月16日放送の「しゃべくり007」(日テレ系) はゲストに人気声優でありながら歌手・俳優としても活動する花澤香菜宮野真守が登場。それぞれの近況などを明かした。

宮野、黒崎の急所つかみについて詳細を説明


宮野は近況として、ドラマ「半沢直樹」(TBS系)に片岡愛之助が演じる黒崎の部下・古谷として出演したエピソードを話す。黒崎から股間を鷲づかみされるシーンの話題となると、堀内健(ネプチューン)が「股間見せて」とお願い。宮野は照れることなく立ち上がって自らの股間を指差し「黒崎さんが握った股間、これですけど」と宣言する。

実は台本には股間を握られることは書かれておらず、撮影当日に知ることになったが、宮野はその際「今日ある!」と喜び、「黒崎の部下になったからにはやられたかった」と、当時の心境を明かす。また撮影ではさまざまなカットを撮るため「ときには俺の股間を3カメが狙っていることもあったんですよ」と嬉しそうに話す。

股間を本気で鷲づかみされるため、撮影時にはファールカップを入れていたと舞台裏を明かしつつも、片岡からは何度も握られ「本番はガッとくるんですけど、リハはソフトに」などと詳細まで語る。

宮野は、自分の中で古谷は「黒崎にやられなれている設定」にしていたと言い、そのため歴代の握られた人たちとは違い、動じない形を提案し、握られた瞬間、上を見上げるという演技に。

またその案を提案した際に、半沢直樹役の堺雅人から「そういう方向性もありますよね」と言われたことも告白。宮野は「あの場所にいられたのは幸せでした」と振り返った。

花澤香菜がジョイマンのネタを全力で完コピ


一方、今回が番組初登場となる花澤について、宮野は「すごくかわいらしくて、透き通る声なんですけど、お芝居にすごくストイック」と紹介。

さらにお笑いも好きなことも明かす。花澤は「太田上田」が大好きと言い、「あんなラジオみたいな番組あんまりない」と絶賛するが、上田晋也(くりぃむしちゅー)からはテレビなのにラジオと言ったことで「ちょっとディスって来ましたよね」とツッコミを入れらた。

また花澤は、ジョイマンのネタを全力で完コピをして見せる。上田はなぜ今流行っているわけでもないジョイマンをセレクトしたのかと疑問を投げかけるが、花澤は「ジョイマンはいつ見てもおもしろい」と熱弁した。

SNSでは「花澤香菜ちゃんに宮野さんとか得すぎる」「今日のしゃべくりは小黒と無限!」「マモの股間話笑いすぎた」など、声優の2人がバラエティーに登場していること自体を喜ぶコメントや、2人のしゃべりの面白さに対するコメントなどが多数上がっていた。

次回の「しゃべくり007」は11月23日(月)夜10時より放送予定。ゲストにNiziUが登場する。

「しゃべくり007」
毎週月曜夜10:00-11:00
日本テレビ系で放送

▼注目のバラエティーなど特番を紹介!

秋の特番まとめ

関連番組

関連人物