岩田剛典、初共演の新田真剣佑と“兄弟”のような感覚に「人懐っこい弟みたいでした」

2021/01/07 22:22 配信

映画

映画「名も無き世界のエンドロール」の完成報告会見に登壇した岩田剛典(右)と新田真剣佑(左)

映画「名も無き世界のエンドロール」の完成報告会見に登壇した岩田剛典(右)と新田真剣佑(左)

1月29日(金)全国公開の映画「名も無き世界のエンドロール」完成報告会見が1月7日、都内にて開催され、主演の岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、新田真剣佑山田杏奈中村アン佐藤祐市監督が登壇した。

行成薫の同名小説を佐藤監督が映画化した同作は、岩田と新田が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテインメント。
何よりも強い絆で結ばれた幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)は、10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だがそれは、日本中を巻き込む“壮大な計画”だった…。

もともとは完成披露上映会の予定だったが、新型コロナウイルスが日本国内で感染拡大している状況を鑑み、客入れを行わず、急きょ会見の模様をライブ配信することに。
岩田は「無観客とさせていただいたことをお詫びします」と残念そうな表情で謝罪するも、「画面の向こう側の皆さんとつながっている時間を楽しんでいきたいです」とニッコリ。

裏社会に身を置く交渉屋のキダを演じるが、「キダは心優しい穏やかなキャラクターだけど、とある出来事をきっかけに、人間が丸ごと変わってしまう、大人と学生の時期を大きく演じ分けないといけないキャラクターだった」と言い、「そこのコントラストが表現できるように意識を持って現場に入りました」と回顧。

新田と山田とは、幼なじみの役になるが、岩田は「自分が年上だったので意識していたのですが、現場に入ったら違和感なく、幼なじみの関係が築けて。2人には助けていただきました」と感謝し、「初日から和気あいあいとしてましたね。最初のシーンがカラオケで、その日に連絡先を交換しました」とエピソードを披露した。

「名も無き世界のエンドロール」
1月29日(金)全国ロードショー
配給=エイベックス・ピクチャーズ
(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
【HP】www.namonaki.jp

関連番組

関連人物