閉じる

<ドラマアカデミー賞>助演男優賞は「silent」目黒蓮 最後のセリフはメンバー内でも考察白熱

2023/02/24 12:01

「silent」の目黒蓮が第114回ドラマアカデミー賞で助演男優賞を受賞
「silent」の目黒蓮が第114回ドラマアカデミー賞で助演男優賞を受賞(C)フジテレビ

2022年10~12月放送ドラマを対象に開催した第114回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞の受賞者を発表中。助演男優賞は、「silent」(フジテレビ系)の目黒蓮が受賞した。目黒が演じたのは、高校卒業時に難病を発症したことで音のない世界で生きることになった青年・佐倉想。手話を覚える努力の他、表情で訴える演技力が高評価を得た。

"作品のためになるのなら、できることは全部しよう"

受賞を受けて目黒は、「想は中途失聴者という僕がやったことがない役で、手話での演技もあって難しかった。でも、そこに全力でトライしてやり終え、この賞を頂いたことは、きっと今後の自信につながると思います」と喜びを語った。

投票コメントでは「手話と表情だけで訴えかける演技が切なかった」といった意見が多く寄せられた。目黒は、「手話は一つ一つのしぐさに意味があり、指先の動きだけじゃなく、顔の表情も含めて伝えるもの。そう教わったことを意識しながら練習を重ね、丁寧に演じました」と振り返る。「例えば、同じ手話でも表情によって疑問形になったりするので、顔でちゃんと『?』を付けるように…。多分、この役では普段の僕よりも表情豊かになっていたと思います」と表情へのこだわりも。

また、難役に向き合うに当たり現場での過ごし方も意識したという。「現場で普段通りしゃべっていると、カメラが回った瞬間に、聞こえていた音を全てシャットダウンした状態に持っていくことになる。それだと無理があって、予期せぬところで音に反応しちゃったりするので、あえて周りとは一線を引いた状態で現場にいました」。全ては作品をより良いものにするため。「とにかく、本番でどれだけクオリティーの高いもの、自分が後悔しないものを残せるか。『作品のためになるのなら、できることは全部しよう』と思っていました」と思いを明かした。

Snow Manメンバーも最後のセリフを考察

最終話放送後には、「最後に想は紬(川口春奈)の耳元で何と言ったのか」を巡り、視聴者の間でさまざまな考察が持ち上がった。目黒自身も「いろいろな人から聞かれた」そうだが、「僕の中では想として気持ちを積み重ねてきたからこそ、紬に伝えたい言葉はありました。でもこの物語で想がどう言ったかは、僕にも分からない。今度、想くんに聞いておきます(笑)」と真相は知らないという。

また、このセリフについては「Snow Manのメンバーも気になったみたいで、みんな『質問するのはやぼだよね』と言いつつ、『俺はこの言葉だったと思う』と考えてくれました」というほほえましいエピソードも語ってくれた。
(取材・文=小田慶子)

この記事はWEBザテレビジョン編集部が制作しています。

画像一覧
4

  • 「silent」の目黒蓮が第114回ドラマアカデミー賞で助演男優賞を受賞
  • 【写真】主演女優賞は川口春奈が受賞!
  • 桃野奈々を演じた夏帆が助演女優賞に輝いた
  • 「silent」はドラマアカデミー賞5冠を達成

関連番組

No Image

silent

出演者:川口春奈 目黒蓮 鈴鹿央士 桜田ひより 板垣李光人 夏帆 風間俊介 篠原涼子 藤間爽子 山崎樹範 佐藤新 井上祐貴 石川恋 

関連人物

  • No Image

    目黒蓮

  • 川口春奈

    川口春奈

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

  • 【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は4/5!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

もっと見る