閉じる

玉森裕太、人生を変えた出会いは「SMAP兄さん」CDデビュー日に共演“異次元な人たち”

2023/07/28 07:10

「マイ・エレメント」で声優に挑戦した川口春奈と玉森裕太
「マイ・エレメント」で声優に挑戦した川口春奈と玉森裕太(C)2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー&ピクサー最新作「マイ・エレメント」が、8月4日(金)に劇場公開される。個性的なエレメントたちが暮らす「エレメント・シティ」には“違うエレメントと関われない”という大切なルールがあった。そのため性格も特性も正反対な“火”のエンバーと“水”のウェイドが出会い、共に時間を過ごしていく中で、少しずつ心を通わせていくが、どれだけ仲を深めても触れ合うことができない。しかし、二人の心が触れ合った時、ピクサー史上最も“ロマンティックな奇跡”が起こる。今作の日本版声優としてエンバーを川口春奈が、ウェイドを玉森裕太(Kis-My-Ft2)が担当。共にディズニー&ピクサー作品初参加となる二人に作品のことや、人生を変えるような出会いについて、アフレコ時のエピソードなどを聞いた。

川口「声優さんってすごいなと思いました」


――お二人はディズニー&ピクサーの作品に参加されるのは初めてだと思いますが、声優としてのお仕事のことも含めて、挑戦してみていかがでしたか?

川口:私は声優の仕事自体が初めてだったので難しかったです。収録現場に着いてから「今日はここをやります」という感じだったので、事前に準備のしようがなくて、毎日不安絶頂のまま現場に行っていましたし、声優さんってすごいなと思いました。難しさと大変さを感じながら、最後まで慣れることなくやっていった感じです。初めての経験ばかりで、こういうふうに作品が出来上がっていくんだなと知りました。

玉森:ホント、難しいことばかりでした。いかに普段のドラマや映画で身振りや表情、手振りとかで誤魔化していた…というワケではありませんが、“助けられていた”のだなと感じました。声だけで全て表現するのがメチャクチャ大変で、アフレコ期間中は家に帰ったら気絶レベルで倒れていました(笑)。アフレコは集中力が必要ですし、普段やらないことなのですごく体力も使いましたし、僕も「声優さんってすごいなぁ!」と思いました。

――それぞれ演じられたキャラクターの特徴を教えてください。自身と共通している部分があったらその部分も。

川口:エンバーは、真っすぐがゆえに熱くなり過ぎて後悔してしまうキャラクター。その真っすぐさや正義感が魅力でもあり、彼女のコンプレックスでもあると思うんです。熱くなっちゃう気持ちも分かるし、“自分がいなきゃ”とか“自分がこうしなきゃ”っていう責任感の強さも理解できます。

――ちなみに川口さんのコンプレックスとは?

川口:コミュニケーション能力が低いことです。人見知りというか、人付き合いが上手にできなくて、不器用なんです。そこはエンバーも同じなので共感できました。

――玉森さんは演じた“ウェイド”をどんなキャラクターだと受け止めましたか?

玉森:ウェイドは、物腰の柔らかい青年なんですけど、涙もろくて、ちょっとしたことでも感動する愛らしいキャラクター。何度かエンバーに突き放されたりするんですけど、それでも諦めないでそばにいて寄り添ってあげていて、すごいな!と思いました。自分だったら、あんなに突き放されたら耐えられない(笑)。魅力的なキャラクターですよね。

――川口さんから見て、玉森さんが演じたキャラクター“ウェイド”の印象は?

川口:“こういう人が近くにいてくれたら最高だな”って思います(笑)。自分の周りにはいないキャラクターだと思うし、彼の突拍子もないコミカルな部分も、ちゃんと人のことを見てきちんと意見を言ってくれるところもあって、面白くもあり、芯が通っているキャラクターでもあると思うので、すごくかわいいなと思いました。

「マイ・エレメント」玉森裕太
「マイ・エレメント」玉森裕太(C)2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

玉森、アフレコは「全部面白かったです」


――玉森さんから見た“エンバー”は?

玉森:エネルギッシュですよね。自分も見習いたいなって思いますし、こういう子がいると付いて行きたくなります。それこそ、ウェイドと同じように「支えてあげたい」って気持ちになりました。

――アフレコは楽しいところ、大変なところ、いろいろあったと思いますけど、実際にやってみての感想も聞かせてください。

川口:長ゼリフがあるんですけど、最初全くハマらなくて、尺がボロボロになっちゃって、本当に笑えるくらいできなかったんです。短いところは映像と合わせるのがそこまで難しくないんですけど、長ゼリフはダメでしたね。気持ちを乗せるのは当たり前に大事なことなんですけど、時間を合わせることに気を取られてしまい、出来なさ過ぎて途中から「やばいな!」って思いながらやっていました(笑)。

玉森:ウェイドは、泣いたり叫んだり、いろんなことをしたんですけど、全部面白かったです。泣くところも、声を出して泣くって思い返したらやったことないなって。“叫ぶってなんだろう?”って思いながら、ブースの中で一人、めちゃくちゃ動きながら叫んだりして、その都度、監督さんとどのパターンがいいか話し合いながらやりました。

「マイ・エレメント」より
「マイ・エレメント」より(C)2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
下に続きます
▼【公式】Disney+でピクサー作品を見る
https://www.disneyplus.com/ja-jp/brand/pixar

▼ディズニープラス特集ページはこちら
ディズニープラス特集
川口春奈 フォト&スタイルブック「I AMU HARUNA」
川口春奈 フォト&スタイルブック「I AMU HARUNA」
川口 春奈 (著)
幻冬舎
発売日: 2022/10/14
CYAN MAN (シアン マン) ISSUE 03 WINTER 2022 (NYLON JAPAN 2023年 1月号増刊)【表紙:玉森裕太(Kis-My-Ft2)】
CYAN MAN (シアン マン) ISSUE 03 WINTER 2022 (NYLON JAPAN 2023年 1月号増刊)【表紙:玉森裕太(Kis-My-Ft2)】
CYAN MAN (編集)
カエルム
発売日: 2022/11/30
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
18

  • 「マイ・エレメント」で声優に挑戦した川口春奈と玉森裕太
  • 【写真】感情豊かなウェイドに声を吹き込む玉森裕太、初挑戦のアフレコも見事にこなした
  • 「マイ・エレメント」川口春奈
  • 「マイ・エレメント」玉森裕太
  • 川口春奈が熱量たっぷりにアフレコに挑戦
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」より
  • 「マイ・エレメント」日本版本ポスタービジュアル
  • 「マイ・エレメント」エンバーのキャラクターポスター
  • 「マイ・エレメント」ウェイドのキャラクターポスター
  • 「マイ・エレメント」日本版ティザーポスター

関連人物

  • 川口春奈

    川口春奈

  • No Image

    玉森裕太

  • No Image

    Kis-My-Ft2

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

もっと見る