閉じる

江口のりこ、“妹”内田慈&古川琴音との絆を実感「橋口監督を信頼して『頑張ろうね!』って」<お母さんが一緒>

2024/02/14 06:30

橋口亮輔監督と長女・弥生役の江口のりこ
橋口亮輔監督と長女・弥生役の江口のりこ※提供写真

スカパー!の国内ドラマチャンネル「ホームドラマチャンネル」で、開局25周年記念ドラマ「お母さんが一緒」が2月18日(日)から放送される。

本作は、母親の誕生日に温泉旅行をプレゼントした3姉妹の悲喜こもごもの姿が描かれたブラックユーモアたっぷりの家族の物語。ペヤンヌマキの同名舞台を原作に、「ぐるりのこと。」「恋人たち」の橋口亮輔監督が脚本も担当してドラマ化した。妹たちにコンプレックスを抱く長女・弥生を江口のりこ、仕事も男性関係もルーズな次女・愛美を内田慈、そんな姉たちを冷ややかな目で見ている三女・清美を古川琴音が演じる。そして、清美の彼氏・タカヒロ役をお笑いトリオ・ネルソンズ青山フォール勝ちが務めている。

放送開始を前に取材会が開催され、江口と橋口監督が出席した。

橋口亮輔「軽快な人間ドラマとしてどう成立させるか、まず考えました」


――本作ではどのようなことを表現したいと思って脚本を書かれましたか?

橋口:役者さんにも「今回は『家族の深いトラウマや誤解が因縁を呼んで』みたいな重い話じゃないので気軽にやってください」って話したんですけど、僕自身が作品との距離感をどうすればいいのか? 自分の作品として軽快な人間ドラマとしてどう成立させるか、まず考えました。

――ペヤンヌマキさんの舞台が原作ということですが。

橋口:はい。ペヤンヌさんの舞台はいくつか見たことがあったんですけど、この作品は見たことがありませんでした。今回、ホームドラマチャンネルさんから提案をいただいて、何か撮ろうということになりました。オリジナルの企画も考えていたんですけど、オリジナルだといろいろ大変だったりするんです。そうしたら松竹ブロードキャスティングの方が「ペヤンヌさんの舞台をそのままドラマ化するのはどうですか?」と言ってきて、この作品を映像で見てみたら面白かったんです。「これなら面白いドラマなるな」って。

とは言え、そのままドラマにするというのも簡単じゃない。テレビドラマもやったことはありますけど、たいてい売れっ子さんが出てますよね。そうするとスケジュールがタイトで、衣装合わせだけやって、あとは現場でリハーサルをして、深夜ドラマだと2日間ぐらいで撮ることが多いので、おのずとできることできないことが見えてくるわけです。それでも役者の方はプロですから、せりふをきちんと覚えてきて、喜怒哀楽を込めて演じる。商品としての作品は出来上がるわけです。でも、今回のドラマもそういう感じでいいのか?って思って。やる限りはしっかりとした作品にしたいなと、できる限りのことをやろうと考えたわけです。

――「お母さんが一緒」という作品に決まったところでキャスティングも考えて?

橋口:そうですね。江口さんとは2008年の「ぐるりのこと。」でご一緒させてもらってますけど、今や超売れっ子ですし、(内田)慈ちゃんだって忙しいし、古川(琴音)さんも若手ナンバーワンだし、ネルソンズの青山君なんて「キング・オブ・コント」の決勝まで行ったグループだからめちゃくちゃ忙しいじゃないですか。それぞれダメ元でオファーしてみたら、奇跡的に皆さん9月のある瞬間が空いていて、しかも二つ返事でOKしてくれたんです。

江口のりこ
江口のりこ※提供写真


江口のりこ「橋口さんの印象として“すごく怖い人”というのがあったんです」


――「ぐるりのこと。」の時の印象は覚えていますか?

橋口:「ぐるりのこと。」では、リリー・フランキーさんと木村多江さんが感情をぶつけ合う15分くらいの長いシーンがあるんですけど、そこで「うるせえよ!」って乗り込んでくる役でオファーさせていただきました。台本を見ると「静かにしてもらえませんか?」という一言が書かれてるんですけど、現場で僕が「風邪をひいてる設定だからマスクをしてみよう」とか、いろいろやりとりをして台本にないことも盛り込んでいったんです。それによって、3人の感情がパーンと弾けるような場面になりました。江口さんの存在がなかったらあのシーンは成立しなかったんじゃないかと今更ながら思います。そういう撮影現場のでしたので、僕の中では“激しい人”という印象でしたね。今回お会いして、「あの時、一言だけだったのによく受けてくれましたね」って言いました(笑)。

江口:「ぐるりのこと。」はオーディションだったんです。

橋口:え!?

江口:今回、橋口さんにお会いして「あの時、よく受けたね」って言われたんですけど、オーディションだったんです(笑)。

橋口:えぇ、そうだっけ?

江口:どこかのアパートの一室で、5人くらい並んでたのかな? 「最近、いら立ったことは?」みたいなテーマを与えられて、私は「掃除機の音がうるさい」っていうのをアパートの上の人だか下の人だかに言いにいくというのを即興でやりました。そしたら監督がすごく笑ってて。私、橋口さんの印象として“すごく怖い人”というのがあったんです。

橋口:本当に?

江口:橋口さんの映画はいろいろ見てましたし、実はトークショーにも行ったこともあるんです。

橋口:全然知らなかった!

江口:神戸だったかな? まだ10代だったと思うんですけど、「こういう映画を撮る人は絶対に怖い人だ」って思っていました(笑)。そういう印象もあって、「ぐるりのこと。」のオーディションを受けにいったら、監督が笑っていてすごく楽しそうにされていたんです。

それでオーディションに受かって、台本を頂いて読んでみたらいら立ってる役だったので、「オーディションでやったことをやればいいんだな」って。でも、実際に現場に行ってみると、皆さんすごく集中されてますし、緊迫感もあったので「自分はここで絶対に邪魔しないようにしよう」ってことだけを考えてました。それで、さっき橋口さんが言っていたように、現場で「風邪をひいてる設定でマスクをしてみよう」とか、いろいろ言われたことをやっていくことに集中していたので、一緒にお芝居を作ったという感覚は全くなくて、“無事に終わった”ってホッとしていただけでした。なので、今回、改めて長い時間かけて一緒に作れたのはうれしかったです。

橋口亮輔監督
橋口亮輔監督※提供写真
下に続きます
「まっすぐ」 (ele-king books)
「まっすぐ」 (ele-king books)
橋口亮輔 (著)
Pヴァイン
発売日: 2016/02/26
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
9

  • 橋口亮輔監督と長女・弥生役の江口のりこ
  • 【写真】橋口亮輔監督と長女・弥生役の江口のりこがドラマ「お母さんが一緒」の取材会を行った
  • 橋口亮輔監督と長女・弥生役の江口のりこ
  • 江口のりこ
  • 橋口亮輔監督
  • 江口のりこ
  • 江口のりこ
  • 橋口亮輔監督
  • 橋口亮輔監督

関連人物

  • 江口のりこ

    江口のりこ

  • No Image

    橋口亮輔

  • 内田慈

    内田慈

  • 古川琴音

    古川琴音

  • ネルソンズ

    ネルソンズ

  • 青山フォール勝ち

    青山フォール勝ち

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

もっと見る