閉じる

松村北斗、パニック障害を抱える役の見せ方を意識「俳優ではないからこそ、頭で考えないで演じる」<夜明けのすべて>

2024/02/09 06:00

「夜明けのすべて」で主演を務めた松村北斗
「夜明けのすべて」で主演を務めた松村北斗(C)瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

瀬尾まいこの小説「夜明けのすべて」が映画化されることが決定し、2月9日より全国で上映される。第74回ベルリン国際映画祭「フォーラム部門」に正式出品が決定している本作は、パニック障害とPMS(月経前症候群)を抱えた者同士が、少しずつ互いの殻を溶かし合っていくさまを描いた物語。パニック障害を抱え、さまざまなことにやる気がなさそうに見える山添くんを松村北斗が、月に1度、PMSでイライラが抑えられなくなる藤沢さんを上白石萌音が演じている。今回は主演の1人・松村北斗にインタビュー。2021年に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じた上白石と、今回はどのように“同士”としての関係性に気づいたのかなど、撮影中のエピソードを語ってもらった。

立ち回り方を意識しました


――今回、松村さんが演じた山添くんはパニック障害を抱えている役です。事前にどのような準備をされましたか?

パニック障害というものに対して一般的な知識しかなかったので、とにかくいろんなことを探って、当人に近づいていこうと思いました。それで、SNSで発信されている方の投稿を探してチェックしたんです。当事者の方やその家族、友達、お医者さん…探してみると発信されている方がたくさんいましたね。ひと昔前だったら、当人の生の言葉って、こんなに手軽に手に入れられなかったよなと思いました。

それから、撮影が迫ったタイミングで監督の三宅さんから「みんなで共通して、これを持ちましょう」と資料をいただいて。それを見て、山添くんをどう作っていくかを定めました。ちょっと大げさに言うと、一般的認知はあまりに浅いし、間違っているとまでは言わないけど、まだまだ難しいところがあるなって思いながら、いろいろ調べてましたね。

――実際に、当事者の方たちの投稿を見て、どう思いましたか?

まず思ったのは、人それぞれ症状が細かく違って、それに対する思いも違うなということです。「パニック障害です」と言われて「あぁ」と理解することはできないなって。参考にする人によって全く異なるなと思いました。

――当事者の方がいるからこそ誤解を与えてはならないとか、恐怖に思うことはありましたか?

ありましたね。だからこそ意識したのは「見せ物にしてない」ということ。原作を読んだ時に、自分の中でパニック障害を抱えている男の子、PMSを抱えている女性、もっと身近なことで言うと水虫を抱えているおじいさん、腰痛がある人…そういう人たちが住む街の暮らしと、生活を飛び越えていない作風が誰かを傷つけたり、間違った扱い方をしたりする作品ではないと思えたんです。

だから、自分がパニック障害を抱えた男性を演じるにあたって、パニック障害というものをこの作品のおもしろみであったりとか、強み、見せ物にするような立ち回り方は絶対にやめようと。この世界のどこかにいる「山添」という青年の生活をやるだけにしよう。そうすることが、1つの礼儀と誠意かなと思い、挑みました。

俳優ではないからこそ、頭で考えないで演じる


――松村さんが演じた山添くんは、とても身近で実在する人物のように思えました。ご自身の中に、どのように役を落とし込んでいきましたか?

先ほど言ったことにも通じるのですが、役を「見せものにしない」ということを意識しました。この映画に限らず、お芝居の仕事をする中で、そもそも僕は俳優ではなくアイドルとして活動しているので、真正面から向かい合って技術を高めたり知識・感覚を高めていくには、どうしても割く時間が少なくて、技術や知識がないなと感じることが多々あります。

そんなルーツを持った、俳優ではない人間が、お芝居をするおもしろさって、あざとさとか、変にかっこつけて「ここで見せ場で、ここで感動させる」とかを考えずに気持ちで寄り添っていけるかだと思うんですよね。そういう思いで挑んだので、それが実在感みたいなものに繋がったのかもしれません。

もちろん、三宅さんの撮り方、全員をその街の住民にするような不思議な力も相まってのことだとも思います。あざとさをなくせばなくすほど、さっきまでそこを歩いていた人になれるような感覚。そこになじもうと心がけました。

――引きのカットも作用したのかもしれませんね。

そんな気がします。三宅さんは「最初からツーショットと引きを多用しようというつもりではなかった」「ただふたりを撮ってみたら、今どこにいて、どういう状況でって全部見えてふたりの意味がわかる」っておっしゃっていましたがね。

撮られているからここにいるのではなく、ふたりの会話が成立する場所にいるところを撮られたという感覚に近かったですし、実在しそうな山添くんになれたのは、三宅さんのおかげだと思います。

――この映画、三宅監督との撮影を経て、何か変わったことはありますか?

「自分でなんとかしなきゃな」って思うところが多々あって、頑張ろうとしてしまうんですけど、もっとまわりに助けられていることとか、周りからの影響を受けて突き動かされていることを、もっと頼ってもいいのかなと感じました。周りからの影響を自然と受け取って、自然と返すぐらいの気持ちの余裕があってもいいのかもしれないなと。

今回で言うと、クランクイン前に、この作品のムードを表現した三宅さんなりの音楽のプレイリストを作ってくださって、それがすごく自分の中でフィットしたんですよね。実際的な感覚とか気持ちだけじゃなくて、1つのやり方として、かなりハマりましたね。

「夜明けのすべて」場面写真
「夜明けのすべて」場面写真(C)瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

下に続きます
「夜明けのすべて」
2月9日(金)全国公開
公式サイト
https://yoakenosubete-movie.asmik-ace.co.jp/
公式X
https://twitter.com/yoakenosubete
公式Instagram
https://www.instagram.com/yoakenosubete_movie/
夜明けのすべて (文春文庫 せ 8-5)
夜明けのすべて (文春文庫 せ 8-5)
瀬尾 まいこ (著)
文藝春秋
発売日: 2023/09/05
J Movie Magazine Vol.101【表紙:松村北斗『夜明けのすべて』】 (パーフェクト・メモワール)
J Movie Magazine Vol.101【表紙:松村北斗『夜明けのすべて』】 (パーフェクト・メモワール)
リイド社 (その他)
リイド社
発売日: 2023/12/01
キネマ旬報 2024年2月号 No.1937
キネマ旬報 2024年2月号 No.1937
キネマ旬報社 (編集)
キネマ旬報社
発売日: 2024/01/19
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
12

  • 「夜明けのすべて」で主演を務めた松村北斗
  • 【写真】上白石萌音“藤沢さん”が、松村北斗“山添くん”の散髪を手伝う
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 「夜明けのすべて」場面写真
  • 『夜明けのすべて』芋生悠
  • 『夜明けのすべて』渋川清彦
  • 『夜明けのすべて』藤間爽子

関連人物

  • No Image

    松村北斗

  • 上白石萌音

    上白石萌音

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 第117回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は1/8!第117回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

もっと見る