中村倫也「“クズケン”は割といいやつですよね」【映画「伊藤くん A to E」連載】

2018/01/07 12:00 配信

映画

人の恋愛をのぞき見しているような感覚のドラマが話題になった「伊藤くん A to E」が、岡田将生&木村文乃W主演で映画化!

超モンスター級“痛男”の伊藤誠二郎(岡田将生)と、彼に翻弄(ほんろう)される4人の女性たち、そして彼女たちの恋愛相談を脚本のネタに使おうとしている崖っぷち“毒女”・矢崎莉桜(木村文乃)の姿を通し、女性たちの本音を赤裸々に描いた映画「伊藤くん A to E」。

1月12日(金)の公開を記念したリレー連載第7回は中村倫也が登場する。中村が演じるのは、莉桜のシナリオスクールの元生徒で売れっ子脚本家の“クズケン”こと久住健太郎。

ドラマと映画で並行して撮影してきたという本作の撮影エピソードや、自身の“A”(愛らしい部分)と“E”(イタい部分)を交えながら、見どころを語ってもらった。

――いよいよ公開を間近に控え、今の心境を教えてください。

連続ドラマもほぼ同時に撮っていて、ドラマ版では「伊藤」というキャラがほぼ莉桜の妄想上で進んでいて、最後に“ご本人様”として(岡田)将生が出てきて。

それを経て、映画では将生が最初から伊藤として演じるという話なので、「企画自体が面白いな」と思いましたし、何より台本が面白かったです。

――ドラマと映画の内容が、視点を変えて描かれていくということなので、その難しさもあったのかなと思いますが。

仰る通り、ドラマと映画でほぼ同時に撮っている部分もあったんです。特にドラマの7、8話と映画は一緒に撮っていたので、夏帆ちゃん演じる神保実希と2人でホテルに行くシーンの撮影では、5日間くらいそのホテルにいました。

前半3日はドラマを撮って、後半2日で映画を撮るような。だから夏帆ちゃんとも「(同じシーンを撮るので)デジャヴ感満載だね」って話していました(笑)。

でも台本が微妙に違ったり、もちろん演出も違ったりしたので、それぞれ新しい印象はあります。監督の個性で切り取られていて、面白いですよ。

――キャラクター的に意図的に映画とドラマで少し切り替えたところもありますか?

それはないですね。ただ、映画の方が後半、莉桜さんと対峙(たいじ)するシーンもあって、そこで少しクズケンの根底にある考え方というか、人間性が見えてくるところもあるのかなと、演じた本人としては思いました。

――クズケンって、実は愛されキャラですよね。

(笑)。割といいやつですよね。クズケンと山下リオちゃんがやった(宮田真樹)役が、唯一まともな人なんじゃないですかね。

伊藤くんはハリケーン!? (2/3)

映画「伊藤くん A to E」
1月12日(金)公開
出演=岡田将生、木村文乃/佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆/田口トモロヲ・中村倫也、田中圭

なかむら・ともや=1986年12月24日生まれ、東京都出身。1月20日(土)にスタートする、土曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)に出演予定

◆映画「伊藤くん A to E」出演者リレーインタビューはコチラ↓↓◆


◆中村倫也のニュースをたっぷり掲載中!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース