“次世代カメレオン俳優”柾木玲弥「この役をもうちょっと演じたかったなと思うことはあります」

2018/06/14 08:00 配信

映画

物まね界の“レジェンド”コロッケが、本名の滝川広志として初主演を務める映画「ゆずりは」が6月16日(土)に公開。

新谷亜貴子の同名小説を原作に、実在の葬儀社を舞台にした心温まる交流を描く本作で、葬儀社のベテラン社員・水島(滝川)の心を動かすことになる新入社員・高梨を演じるのが、若手注目俳優の柾木玲弥だ。

さまざまな役を演じ分け、“次世代カメレオン俳優”として注目を集める柾木に、作品の印象や役へのアプローチ、共演の滝川について、そして作品にちなんで最近の“出会いや別れ”にまつわるエピソードを語ってもらった。

――この脚本を読まれて、最初にどう思われましたか?

最初は重い話なのかなと思っていたんですけど、人それぞれの成長が描かれていて、僕が演じる高梨もすごく純粋な男。劇中で、結構いいことを言っているんです。

それは、決して意図的ではなく、彼にとっては普通のこと。きっと、見終わった後に、ほっこりするようなお話だろうなと思いました。

――今回の役は、オーディションで決まったんですか?

普通のオーディションのように芝居をするという感じではなくて、加門(幾生)監督と面談のような形で、いろんなことを話しました。会話の内容はホントにたわいないもの。あまりないパターンでしたね。

――そういう珍しい形で出演が決まったということですが、今回演じた高梨歩という青年は、どんなキャラクターですか?

すべての行動や言動が素直。裏がなくて、真っすぐな青年という印象でした。あまりにも素直過ぎるから、それを表現するのは結構大変だなと。

演じるということ自体が“うそ”のようなものなので、高梨の素直な感じをどうやって出していけばいいのか。“真の芝居”みたいなものが大切になってくるのかなと思いました。

――役作りで工夫した点はありますか?

いつも以上に、他のキャラクターのセリフをしっかり聞いたり、それぞれの動きを見たり。台本も丁寧に読み込みました。

きちんと気持ちを入れることによって、高梨らしく素直に涙が出てきたり、素直に笑えたりするのかなと。結構、泣くシーンが多かったので、気持ちの込め方には苦労しました。

柾木は涙もろい方? (2/4)

「ゆずりは」
6月16日(土)順次公開
【HP】http://eiga-yuzuriha.jp/

■クレジット
ヘアメーク=石邑麻由/スタイリスト=吉田ナオキ
衣装協力=ブルゾン(BLUE IN GREEN)、カットソー(CROSSLEY)、その他/スタイリスト私物

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース