“映画泥棒のあいつ”を「ルパパト」伊藤あさひ&結木滉星が協力して確保!

2018/08/05 15:45 配信

映画

スーパー戦隊シリーズの夏映画「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」が8月4日より公開中。8月5日に東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われた2日目舞台あいさつには、伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也が登壇した。

テレビ朝日系で放送中の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は、テレビシリーズでは史上初となる2つの戦隊が登場する作品。敵対し合う“快盗”と“警察”のW戦隊が、異世界から現れた犯罪集団「ギャングラー」に立ち向かう。今回の劇場版では、異世界に連れ去られたWレッド・夜野魁利/ルパンレッド(伊藤)と朝加圭一郎/パトレン1号(結木)が共闘する姿が描かれる。

作品の上映終了後、まず司会者がスクリーン前に登壇した。そして、キャストを呼び込んで舞台あいさつがスタート…と思いきや、劇場内に流れたのは映画館で作品上映前にほぼ必ず目にする“あの映像”の音楽。耳慣れたリズムに合わせて観客が思わず手拍子する中、「No More 映画泥棒」CMでお馴染みの、盗撮「カメラ男」が現れた。

壇上であのパントマイムダンスを披露し、舞台あいさつ開始を妨害しようとするカメラ男。それを取り締まるパトランプ男も遅れて登場し、カメラ男を捕まえようとするのだが、なかなか上手くいかない。そんなピンチに、伊藤と結木が主題歌と共に華麗に登場。2人が共闘しカメラ男を見事取り押さえてみせると、場内からは拍手と大歓声が起こった。

そんなハプニングから仕切り直し、改めて司会者の呼び込みでキャスト7人が登場。作品を観たばかりのファンへ向けて、本作を2度3度と繰り返し観たくなるようなポイントをそれぞれが紹介した。

濱と工藤が挙げたのは、ルパンレッド・ルパンブルー・ルパンイエローの3人が融合した新形態・ルパントリコロール。ルパンイエローの工藤は台本を読んだ時に、「トリコロールは赤・青・白だから、『仲間外れにされるのかな? それとも黄色から白にされるのかな』と心配でした!」とのこと。実際は無事イエローも入っているのだが、「ブルーが隠れる角度で映ると(赤と黄で)“オムレツ”みたいになってしまうんですよね(笑)」と、それはそれで面白いと感じている模様。この発言には伊藤と濱から「それは言うな!(笑)」とツッコミが入っていた。

一方、パトレンジャーの横山&奥山が話したのは、劇場版ゲスト・田中直樹との共演シーンについて。横山は「たくさんのエキストラの方々に来ていただいて撮影したシーンがあるのですが、エキストラの子供の1人が歩いている田中さんに向かって『田中、アウト~』って言っていました(笑)」と明かすと、場内は大受けしていた。

そして、元木は自らの出演シーンについて告白。追加戦士のルパンエックス・パトレンエックス/高尾ノエルを演じる元木は、撮影の都合上この劇場版が「ルパパト」クランクインで、「今思い返すと、ちょっとふわふわしていますね(笑)」と明かした。また、「今とはちょっと髪形も違い長めなのですが皆さん絶対に気付けないと思うので、ぜひもう一回観てください(笑)」と、繰り返しの鑑賞へ向けうまくアピールした。

そして、最後に伊藤と結木からあいさつ。「こんなにハラハラドキドキする映画を僕は知りません! 一度といわず、何度でも劇場に足を運んでいただけたらうれしいです」(結木)、「最高に熱い、スーパー戦隊史上ナンバーワンのアクション映画ができました。この夏は映画館で皆さんのハートを盗んじゃいます!」(伊藤)と、集まったファンへメッセージを送った。

「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」
「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」
8月4日より公開中
劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映
【HP】http://www.build-lupin-vs-pato.jp/
【本予告映像】


◆「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」特集◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース