<北川景子>“セーラー戦士”久々の共演にファン歓喜!「永遠の美女軍団!!」の声

2019/01/24 17:38 配信

ドラマ

「家売るオンナの逆襲」主演の北川景子

「家売るオンナの逆襲」主演の北川景子

2014年ザテレビジョン撮影

北川景子主演のドラマ「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第3話(1月23日[水]放送)に、客の真島みどり役として元“セーラー戦士”沢井美優が登場したことが「懐かしい~」「この共演エモいな」「セーラー戦士は永遠の美女軍団!!」とSNS等で話題になっている。

北川と沢井は人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の実写特撮ドラマ版(2003年、TBS系)で共演しており、以来、安座間美優や泉里香、小松彩夏らメンバーの誕生日をお祝いし合う様子がブログにアップされるなど、“セーラー戦士”同士の交流は15年以上続いているという。北川はセーラーマーズ役、沢井はセーラームーン役だった。

今作は“伝説の不動産営業ウーマン”三軒家万智(北川)、通称“サンチー※”が「私に売れない家はありません」と、家を売りまくるお仕事ドラマ。2016年7月期に放送された「家売るオンナ」の続編だ。(※「三軒家チーフ」の略)

3話のテーマは「LGBT」

第3話は、万智たちテーコー不動産の面々が手分けして、買い手の付きにくい物件3軒の現地販売を行った。庭野(工藤阿須加)の担当する物件に、ゲイの客が見学に来たことから、新宿営業所ではLGBTについて勉強会を行う。

一方、足立(千葉雄大)の客として来た、みどり(沢井)と智代(芳野友美)がレズビアンであることを理由に、売主から家の購入を断られる事案が発生。万智はみどりたちに新しい物件を紹介しようとする足立の前に現れて、自分が家を売ると宣言をした。

“セーラー戦士”の共演に視聴者、胸アツ! (2/2)

◆2019年冬ドラマまとめ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース