「自分のパフォーマンスは伸びしろを含めての75点(笑)」ANIMAX MUSIX初出演の声優・伊藤美来にインタビュー!

2019/02/15 19:04 配信

アニメ

ANIMAX MUSIX初出演を果たした伊藤美来

ANIMAX MUSIX初出演を果たした伊藤美来

©ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA

1月19日に大阪城ホールで開催されたアニメミュージックの祭典「ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA supported by ひかりTV」。今回は平成最後のANIMAX MUSIXということで、「平成アニメSELECTION」や「魔法アニメSELECTION」など、これまでよりさらにパワーアップした企画が満載だった。

全17組のアーティストが出演するなか、伊藤美来は自身のソロ曲「Shocking Blue」と「閃きハートビート」のほかにTVアニメ「名探偵コナン」のOPである「謎」を、山崎はるか、Machicoとコラボするなど、初出演とは思えない堂々としたパフォーマンスで会場を盛り上げた。今回はそんな彼女にインタビューを行い、ANIMAX MUSIXに初出演した感想や、楽曲への思い入れ、今後の展望などを聞いた。

上野さんっぽさを出せるような演出を考えた

――初出演おめでとうございます。「ANIMAX MUSIX」のステージはいかがでしたか。

会場の雰囲気がとても温かいと感じましたね。初出演の私でもなじめるようにスタッフさんが声をかけてくださったりして、すごくほっこりした気持ちになりました。

――今日のステージでは「閃きハートビート」と「Shocking Blue」を披露されましたね。

「閃きハートビート」は、TVアニメ「上野さんは不器用」にちなんだ素敵な演出をしていただいてとても楽しかったです。ただ、こんな大きな会場でこの楽曲が初披露でしたので、“たくさん準備してきたから絶対に成功させなきゃ!”っていう緊張もありました。でも、お客さんが「閃きハートビート」のCDジャケットの色と同じ黄色いサイリウムを振ってくれたので嬉しかったです!

不思議な実験に会場からも驚きの声が

不思議な実験に会場からも驚きの声が

©ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA

――ステージ上の演出は伊藤さんも一緒に考えたのですか?

はい、一緒に考えました。初めてのANIMAX MUSIXで演出をさせていただけるということで、上野さんっぽさを出すにはどうしたらいいのだろう、というのをみんなで考えながら進めました。

――人型の紙を不思議な液体に浸すとダンサーさんが飛び出てくる、というかなり斬新な演出で驚きました。

そうですよね。私はドキドキするし、スタッフさんはきっとヒヤヒヤしていたと思います。お客さんも驚いていたというより“何が起こってるの!?”みたいな感じでしたよね(笑)。ちょっと会場の皆さんを戸惑わせたかもしれないですけど、それはそれで作品らしさが出てよかったんじゃないかなと(笑)。

楽曲のイメージカラーを意識した衣装もポイント

楽曲のイメージカラーを意識した衣装もポイント

©ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA

お客さんのおかげで緊張がほぐれた

――衣装もかわいらしいですが、ポイントなどはありますか?

今回は「閃きハートビート」が黄色のイメージカラーで、「Shocking Blue」がブルーのイメージカラーだったんです。なのでその2色のテーマカラーを使った衣装になっています。もともと私がチェック柄とセットアップがすごく好きなんですよ。だからそれも相まってとてもお気に入りの衣装です!!

――伊藤さん自身にとっても初の大阪城ホールでの公演かと思いますが、大阪ならではの魅力など、感じたことを教えてください。

MCで実験の準備などをしているときに、私の1つ1つのアクションに対して会場の皆さんがテンションを上げてくれる言葉をたくさん言ってくれました! “かわいいよー!!”とか、“白衣似合ってるー!”とか。大阪の方たちは盛り上げ上手だなって感じましたね。あとちょっと話がそれますが、大阪ならではといえば551蓬莱の豚まんやたこ焼きですよね(笑)。とってもおいしかったです! 粉ものの他にも、大阪の名物スイーツとかあれば食べてみたいです。

アニメの名せりふに会場のボルテージも上がる

アニメの名せりふに会場のボルテージも上がる

©ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA

Machicoさんの楽曲を一緒に歌いたい

――コラボ企画では山崎はるかさん、Machicoさんとのステージでした。

山崎はるかちゃんとMachicoさんは、昔から仲良くしていただいている2人なんです。なので、2人と「謎」(TVアニメ「名探偵コナン」)でコラボをすると聞いた時は、すごく安心感があって嬉しかったのを覚えています。リハの段階から3人で “あれやってみようよ、これやってみようよ”みたいな意見もたくさん出しました。眼鏡の演出もMachicoさんとはるにゃん(山崎)が言ってくれたり、間奏のコナンくんの“真実はいつもひとつ!”のせりふは、“3人で合わせて言ったら盛り上がるよね”みたいに考えました。

――以前パンフレットのインタビューで“できるだけいろんな人と目線を合わせたい”とおっしゃっていたのが印象的でした。2人とのコラボでは、360度観客に囲まれるステージでの歌唱でしたがいかがでしたか。

センターステージに行った時は、たくさんのお客さんとアイコンタクトが取れたと思います。かなり緊張していたんですが、お客さんの近くを通ってステージに上がったので、その流れで緊張は和らぎました。

仲良し3人組なだけにテンションも↑↑

仲良し3人組なだけにテンションも↑↑

©ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA

――他のアーティストで印象的なコラボはありますか?

ナノさんと三森すずこさんの「No pain, No game」(TVアニメ「BTOOOM!」)です! 弟たちと一緒に聴いたり、カラオケで歌ったりしていた大好きな曲なんです。生で聴けるというのもそうですし、この日しか見られないコラボも見られて、いちファンとしてノリノリでした。

――今後コラボしてみたいアーティストはいますか?

Machicoさんの楽曲が大好きなので、せんえつながら一緒に歌いたいな。大橋彩香さんやi☆Risさんもコラボしてみたいです。最近ご一緒する機会が多くてすごく楽しくお話させていただいているので、もし良かったら… (笑)。

魔法少女になりたいんです

――伊藤さんはこれまでキャラクターとしてもたくさんのステージで歌唱される機会が多かったと思いますが、アーティストとして歌う時とキャラクターとして歌う時に気をつけていることがあれば教えてください。

キャラクターとして歌う時は、そのキャラクターだったらどんな言い回しをするか、どんな表情で歌うのかということを大切にして歌っています。ソロのときは楽曲の雰囲気やリズム感を意識して、表情を作ったり歌詞の世界観に入り込む練習の仕方をしています。

伊藤「今までの方向性とは違う自分を見せたい」 (2/2)

昨年11月に行われた横浜公演の模様は
「ANIMAX MUSIX 2018 YOKOHAMA Part 1」
2月17(日)夜10:00~深夜0:00
「ANIMAX MUSIX 2018 YOKOHAMA Part 2」
2月24(日)夜10:00~深夜0:00
アニマックスで放送

「ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA」のレポートも合わせてチェック
https://thetv.jp/news/detail/176891/

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース