山崎賢人、又吉直樹原作の映画「劇場」主演に決定!人生初の“ひげ姿”で挑む

2019/07/16 06:00 配信

山﨑賢人、人生初のヒゲ姿で演劇に没頭する若者を演じる!

山﨑賢人、人生初のヒゲ姿で演劇に没頭する若者を演じる!

興行収入56億円を突破した映画「キングダム」(2019年)大ヒットの記憶も新しい俳優・山崎賢人が映画「劇場」(2020年公開)で主演を務めることが決まった。原作は芥川賞作家・又吉直樹の恋愛小説「劇場」。山崎は、演劇に打ち込む青年役を、自身初となる無精ひげ姿で演じる。(※山崎の「崎」は正しくは「立さき」)

「周囲とうまく協調できない不器用な青年」役

「劇場」は、又吉が芥川賞作品「花火」よりも前に書き始めていたという、作家としての原点ともいえる恋愛小説。「恋愛がわからないからこそ、書きたかった」と又吉が語る通り、劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋をし必至に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない7年間の恋愛を描いた作品だ。

山崎はその主人公・永田を演じる。大ヒットした「キングダム」では大将軍になることを夢見て突き進む少年・信をすさまじい熱量で演じた山崎。今回は、演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年を演じる。撮影前に何度も監督とエチュードを重ねて役を作り上げたという山崎。人生初の“ひげ姿”にも注目だ。

ヒロイン・沙希を演じるのは映画「万引き家族」(2018年)で世界に認められた若き実力派女優、松岡茉優。山崎とは今回が初共演。葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希を、儚くも愛しく演じる。

演劇に没頭する青年の愛と葛藤を描く

中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎)だが、前衛的な作風は酷評され、客足も伸びない。劇団員との関係も悪く、永田は孤独だった。

そんなある日、永田が自分と同じスニーカーを履いた沙希(松岡)に声をかけたことがきっかけで、2人の恋が始まる。

沙希は女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生だった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、2人は一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田は自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実との間を埋めるようにますます演劇に没頭していき――というストーリーだ。

監督は映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「ナラタージュ」(2017年)などの恋愛映画を生み出してきた行定勲氏。脚本は「ピンクとグレー」(2016年)で行定氏とタッグを組んだ蓬莱竜太氏が担当する。

山崎賢人「表現者としてとても共感できる弱さ」 (2/3)

山﨑賢人写真集『KENTO YAMAZAKI』
撮影/荒木勇人   
価格 /3240円(税込み)
仕様 /A4ワイド・144P 
発売 /株式会社KADOKAWA

【ネット書店限定特典付き購入リンク】
↓Amazon限定版はこちら↓


↓スターダストショッパーズ限定版はこちら↓

 
↓楽天ブックス限定版はこちら↓


↓カドカワストア限定版はこちら↓

関連人物