「3年A組」出演俳優・望月歩、桐谷健太と菅田将暉の佇まいを“参考”に『1番わくわくしないと…』

2019/07/21 22:13 配信

映画「五億円のじんせい」の初日舞台あいさつに、主演の望月歩(中央)、ヒロイン役の山田杏奈(左)、文晟豪監督が登壇

映画「五億円のじんせい」の初日舞台あいさつに、主演の望月歩(中央)、ヒロイン役の山田杏奈(左)、文晟豪監督が登壇

(C)2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト“NEW CINEMA PROJECT”でグランプリを受賞した、脚本・蛭田直美と文晟豪監督のコンビによる映画「五億円のじんせい」が、7月20日に東京・ユーロスペース他で公開。

主演の望月歩、ヒロイン役の山田杏奈、文監督が登壇して初日舞台あいさつが行われた。

「3年A組―」などで着実に経験を積む望月歩が主演

【写真を見る】念願がかなって喜ぶ望月歩…首元もおっしゃれ~

【写真を見る】念願がかなって喜ぶ望月歩…首元もおっしゃれ~

(C)2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

本作は、善意の募金5億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年・高月望来(望月)の物語。17歳になり、5億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来は、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言する。

そこへ、見知らぬアカウントから「死ぬなら5億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、5億円の“借金”を返して自由になるための旅へ。

そして、さまざまな人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていた…。

主人公・望来を演じるのは、撮影時に役柄同様に高校3年生だった望月。ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(2019年、日本テレビ系)などに出演し、着実に経験を積んでいる望月にとって、これが初主演となる。

周囲の期待に応えようとする“いい子”の望来が、家出の中でホームレスや工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。

望月歩、念願がかなう!

1人2役に挑んだ山田杏奈は「2倍やれて得しました」

1人2役に挑んだ山田杏奈は「2倍やれて得しました」

(C)2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

公開初日の初回上映を迎え、望月が「どうですか? 面白かったですか?」と観客に問い掛けると、会場からは拍手が起こり、「ありがとうございます。これがやりたかった(笑)。今日は精いっぱい頑張ろうと思います。楽しんでいってください」とあいさつ。

また、山田は「1人2役でやらせていただきました。1年前に撮影をして、今皆さんの前に届いていて、とてもうれしく思います。よろしくお願いいたします」、文監督は「今日は早い時間からありがとうございます。よろしくお願いいたします」と、それぞれ語る。

“NEW CINEMA PROJECT”で約400本の中からグランプリを受賞したことについて、文監督は「商業映画の長編は初だけど、商業映画ができますようにとミサンガに願掛けしたのですが、まだ切れてないんですよ!」と足に着けられているミサンガを見せて笑いを誘う。

さらに、「実際に撮影を経て、無事に完成して、とてもうれしいです。一緒に完成まで漕ぎ着けたスタッフ、上映してくれるユーロスペースに感謝」と話した。

初主演の“決意” (2/2)

映画「五億円のじんせい」
東京・ユーロスペース他で公開中

<スタッフ>
監督:文晟豪 脚本:蛭田直美
主題歌:「みらい」ZAO
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT

<キャスト>
望月歩 山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ
吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾
諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 平田満 西田尚美

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物