あなたの知らない多頭ザメの世界!〜ヘッド・ジョーズが常識に食らいつく<ザテレビジョンシネマ部コラム>

2019/08/02 07:00 配信

映画

『トリプルヘッド・ジョーズ』

『トリプルヘッド・ジョーズ』

(c)2015 TIKI TERRORS, LLC. All Rights Reserved

ダーダン♪ダーダン♪というメロディとともにサメ映画ブームが忍び寄ってきているのはご存じでしょうか?

『ジョーズ』(1975)以降、年に1本程度はリリースされていましたが、2010年以降からは急激に増え、軽く50本を超えるサメ映画が作られています。

その描かれ方もさまざま。ビーチはもちろん雪山や家などから現われたり、はたまた空から降ってきたりと、これまでサメ映画の常識だったホラーやパニック作品のみならず、“いかに独創的に描くか”が、サメ映画界の常識になりつつあります。

そんな中でも、サメ自身の持つ特徴的なフォルムで惹き付けているのが「●●ヘッド・ジョーズ」シリーズ。タイトル通り頭が複数あるサメ。

そう!多頭ザメ映画なのです。

『ダブルヘッド・ジョーズ』

『ダブルヘッド・ジョーズ』

(c)2011, 6000 Teeth, LLC. All Rights Reserved.

2012年に第1作となる『ダブルヘッド・ジョーズ』が誕生して以降、シリーズ化に成功し、現在は第4作まで完成しています。

ちなみに頭の数は…

1作目 2つ

2作目 3つ

3作目 5つ

4作目 6つ

…と、順調(?)に増えています。

ここまでシリーズが続くのは人気の証拠です。

しかし、シリーズとはいっても基本的に1話完結スタイル。キャストやストーリーも別々で、どの作品から見ても大丈夫ということも、本シリーズが受け入れられる要因のひとつに思えます。

そんな「●●ヘッド・ジョーズ」シリーズですが、日本の配給元であるアルバトロスの宣伝担当の方に話を聞いたところ、実は日本サイドからのアイデアにより製作されたのだとか…。しかもこの話には続きがあり、2作目以降のシリーズ化に際しては特に日本サイドには相談もなく、アサイラム主導で作り続けられているというのだから面白い。つまりは“日本生まれアメリカ育ち”のサメ映画なのです。

ここからは、作品ごとに紹介していきましょう。

まずは『ダブルヘッド・ジョーズ』 (2/3)

[放送情報]
■ダブルヘッド・ジョーズ
WOWOWシネマ 8/5(月)夜11:00
WOWOWシネマ 9/9(月)深夜0:15

■トリプルヘッド・ジョーズ
WOWOWシネマ 8/6(火)夜10:45
WOWOWシネマ 9/9(月)深夜1:45

■ファイブヘッド・ジョーズ
WOWOWシネマ 8/7(水)夜10:45
WOWOWシネマ 9/10(火)深夜0:25

■シックスヘッド・ジョーズ
WOWOWシネマ 8/8(木)夜10:45
WOWOWシネマ 9/10(火)深夜2:00

↓映画選びに迷ったらコチラをチェック!↓