声優・伊藤美来、2ndアルバムは「一歩大きく前に進む」ことができた一枚に

2019/07/31 19:10 配信

芸能一般

2ndアルバム『PopSkip』をリリースした声優の伊藤美来

2ndアルバム『PopSkip』をリリースした声優の伊藤美来

Photo by Takanori Fujishiro

テーマづくりから私も参加して今の自分の気持ちを込めた

人気声優で、2016年からはアーティスト活動も行う伊藤美来が2ndアルバム『PopSkip』をリリース。瑞々しいガールポップが詰まった今作は、彼女自身の意見も大いに反映された1枚だという。

「今回のアルバムを制作するにあたって、『こういう歌が歌ってみたいです』というのは私からも何曲か言わせていただきました。あと、出来上がった曲をどう歌うか?という段階になった時に、レコーディングに関するディスカッションをさせていただいたり。その結果、とても振り幅の広い楽曲が集まったんじゃないかと思っています。今作のテーマであり、(アルバム)タイトルの由来でもある“伊藤美来のポップスをしっかりまとめて、一歩大きく前に進む”というのを、この1枚で感じてもらえたらうれしいです」

リード曲「PEARL」は、現在の彼女の心境ともシンクロするポップチューン。本人も「アルバムを象徴するナンバー」と語る。

「『PEARL』はそもそも『リード曲どんなのにする?』という話から、リード曲になるという前提でつくられた1曲。主人公の女の子が失恋したり挫折したりいろんなことを経験して、そこからキレイになって成長する……という歌詞になっていますね。私の気持ちともリンクするところがあって、大学も卒業し、今までのうまくいったこと、ダメだったことも全部含めて一人の社会人としてこれからキラキラ輝いていけるといいなって。リード曲になるということもあり、そういうテーマづくりから私も参加して今の自分の気持ちをちゃんと込めたいなと思いました。キレイなメロディーで癒される雰囲気もありますし、一歩前に出る勇気というか、芯の強さも感じてもらえるとうれしいです」

想いの強い楽曲だけに、「PEARL」はレコーディングにもこだわったそう。

「時間をいっぱい使って録らせてもらいました。「PEARL」は地声とファルセットを細かく使い分ける曲で、行ったり来たりがかなり大変なんです。なので、そこはぜひ耳を澄ませて聴いてもらえたらと思います。あと今回の新曲は、作詞作曲をしてくださった方がなんと全員レコーディングに立ち会ってくださったんですが、この「PEARL」を提供してくださった高田みち子さんにはその場でいろいろ質問したりして。『どうして“パール(PEARL)”なんですか?』と聞いたら『“パール(PEARL)”には“女の子がキレイになる”という意味を込めている』と説明してくださって、直訳は“真珠”ですが、そういうものを身につけることで女の子は美しくなれる部分もあるし、とても素敵な言葉だなと改めて思いました」

アルバム『PopSkip』収録曲は、そのほかに… (2/2)



★『PopSkip』デジタル配信はこちら
https://nippon-columbia.lnk.to/mi-guID

★伊藤美来が掲載中の「My Girl vol.28」発売中!
https://twitter.com/mygirl_official

キーワード

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース