黒羽麻璃央、久々の高校生役に「限界かな(笑)」<いなくなれ、群青>

2019/09/06 17:40 配信

映画「いなくなれ、群青」に出演する黒羽麻璃央

映画「いなくなれ、群青」に出演する黒羽麻璃央

(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説を映像化した、横浜流星主演映画「いなくなれ、群青」が9月6日に公開された。

本作は、謎だらけの“階段島”を舞台に、そこで暮らす主人公・七草(横浜)と、七草の幼なじみ・真辺(飯豊まりえ)の交流を描く物語。

今回、七草の同級生として、独特の雰囲気でキーマンとしても活躍するナドを演じる“2.5次元界のプリンス”黒羽麻璃央のコメントが到着した。

屋上にいちゃう系

黒羽麻璃央も出演する、謎だらけの島を舞台にした青春ファンタジー映画「いなくなれ、群青」は公開中!

黒羽麻璃央も出演する、謎だらけの島を舞台にした青春ファンタジー映画「いなくなれ、群青」は公開中!

(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

――演じるにあたってどんな印象ですか?

ナドという人物、予告にもあったように屋上にいちゃう系なんですよ。屋上にいちゃう系ということは人と違うんですね。感性的なものが違いますし、人と比べると一匹狼に近い。

尖ってはないですけど、自分の時間というか流れている空間が独特なんだと思います。

親友の流星君(七草)とは常にコミュニケーションをとる、一つ悟ったみたいなメンタルの面で年上さを感じるかなと僕は思う。どこかつかめないような意味深なセリフもあったり、ぜひ一言一言を映画を見る際には注目していただければなと思います。ファンタジー男子です(笑)。

――役作りはどのように?

色んな人が思い描くナドというものが存在すると思うんですね、こういうのだっていうのはあえて作らずに、存在するのかしないのか分からないくらいの人、まぼろし。

つかめない人間をつかもうとするのは無理なんじゃないかなと僕も悟って、ふわーとしたような、僕自身もふわーとしていたので、あまり記憶がございません(笑)。

うそです。ちゃんと記憶はありますけど、そういうつかめない人ってつかもうとすると逆に無理なんだなと学んで、そのままでいいかなと。

ダメだったら監督が手を差し伸べてくれるかなと思ったので、僕個人で突っ走るのもなんか変だなと思って。

屋上での撮影に興奮!? (2/3)

映画「いなくなれ、群青」
9月6日(金)ロードショー
出演:横浜流星 飯豊まりえ
   矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆
   伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/黒羽麻璃央
原作:河野裕「いなくなれ、群青」(新潮文庫nex)
監督:柳明菜
配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

関連番組

関連人物