<スキャンダル>ニコール・キッドマンからインタビュー映像が到着!「非常に衝撃的な内容」

2020/02/06 10:00 配信

2月21日(金)公開の「スキャンダル」より

2月21日(金)公開の「スキャンダル」より

(C)Lions Gate Entertainment Inc.

2月21日(金)公開のシャーリーズ・セロン主演映画「スキャンダル」に出演するニコール・キッドマンのインタビュー映像が解禁となった。

本作は、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」で実際に起きたスキャンダルを描く。

【写真を見る】出演を決めた理由を語るニコール・キッドマン

【写真を見る】出演を決めた理由を語るニコール・キッドマン

(C)Lions Gate Entertainment Inc.

出演のきっかけについてキッドマンは、「内容に惹かれたのだと思う。この重要な歴史的瞬間を表現しているというか。後々、振り返った時に、この時期は大変革を起こした転機という風に捉えられると思う。物語にすさまじい説得力があったし、しかも女性の観点から描かれていた。エンターテイメントの要素を含みながらも、非常エンターテイメントの要素を含みながらも、非常に、非常に衝撃的な内容。そこに惹かれたのだと思う」と、時代の変革の映すようなタイムリーな衝撃作であると語った。

また、カールソン自身は、エイルズの辞任後、21世紀フォックスから2000万ドル(20億円以上)の和解金を受け取り、その際に秘密保持条項を結んでいる。よって、過去について話したりすることは禁じられており、本作にも一切関与していないという。

そんなグレッチェン・カールソンを演じたキッドマンは「ケイラという役柄は、明らかに想像上の人物。メーガンにせよケイラにせよ、観客はこの2人から、彼女たちが受けた暴力を実際に身体で感じとることができる。でも、グレッチェンに関しては、エイルズと同じ部屋にいるシーンはないし、彼女が何を経験したのかは分からない。だからこそ逆に、彼女が何に対抗しようとしているのか、何を変えようとしているのか、何を自分の権利だととらえているのか、が浮き彫りになる。そこに説得力があることを願っているわ」とカールソンと他の女性キャラクターたちが観客に与える影響について言及した。

「スキャンダル」
2月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショー

監督:ジェイ・ローチ
脚本:チャールズ・ランドルフ
出演:シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー

関連人物