閉じる

<エール>佐久本宝“浩二”の複雑な思いに「不憫」「切ない」の声 感情を映す小道具にも注目

2020/06/10 12:05

「エール」第53回場面写真 (C)NHK
「エール」第53回場面写真 (C)NHK


窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。6月10日放送の第53回では、裕一(窪田)に怒りの感情をぶつける弟・浩二(佐久本宝)の演技に注目が集まった。(以下、ネタバレがあります)

レコード盤をみつめる浩二、胸中は…


「船頭可愛や」のヒットで、人気作曲家として故郷に凱旋した裕一。父・三郎(唐沢寿明)らは歓待するが、ただ一人、浩二だけは「よくヘラヘラと帰ってこれたな。たった一曲売れたぐらいで大作家気取りかよ」と冷たい態度のまま。

念願かなって継いだ家業がつぶれ、今は役所勤めの浩二は、家族の幸せを顧みず上京した裕一をいまだに恨んでいるのだった。

その一方で、部屋でひとりになった浩二が、手にしたレコードをみつめて物思いにふける描写も。手元ははっきりと写されていないが袋には「コロンブス」の文字があり、裕一が契約するコロンブスレコードのものであることがわかる。

不器用な浩二の言動が中心に描かれたこの日の放送後、視聴者からは「店はつぶれて…浩二は裕一の夢の犠牲者なのかもしれない」「うまくいかない浩二と成功した裕一の対比がつらい」「浩二が不憫」といった声が上がった。

また、浩二がレコードをみつめるシーンには「あのレコードはきっと『船頭可愛や』」「浩二は裕一を憎むだけじゃなく、裕一の成功を誇りに思ってるんだろう。そうであってほしい」といった、浩二の胸の内を思いやるコメントも目立った。

連続テレビ小説「エール」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り

▼再放送する名作ドラマ情報をまとめました!

再放送名作ドラマまとめ

※「再放送名作ドラマまとめ」では、関東以外の地域などで放送中の再放送ドラマも併せて紹介中

画像一覧
6

関連番組

エール

出演者:窪田正孝 二階堂ふみ 薬師丸ひろ子 菊池桃子 光石研 中村蒼 山崎育三郎 森山直太朗 佐久本宝 松井玲奈 森七菜 柴咲コウ 風間杜夫  ほか

関連人物

  • 窪田正孝

  • 二階堂ふみ

  • 佐久本宝

  • 唐沢寿明

関連ニュース

  • <エール>唐沢寿明が窪田正孝への思いを語る「力を貸せることがあればどんどん貸していきたい」

    2020年6月10日8:15
  • 窪田正孝“裕一”の親バカぶりに視聴者ほのぼの「かわいすぎ!!」歌広場淳「役者ってすげえ!」<エール>

    2020年6月8日11:22
  • 「エール」裕一&音“夫婦の絆”に視聴者涙…!朝ドラにおける“夫の役割”を考える

    2020年6月6日8:15
  • <エール>幽霊・安隆(光石研)が“この世”へ!制作統括・土屋氏「ちょっと遊びの週があっても良いのではないか…」

    2020年6月5日13:00
  • <朝ドラ>幼少期の曲に伏線が?「エール」は楽曲を知れば楽しみ倍増!

    2020年5月30日7:10