「神様のカルテ」イベントで櫻井翔が上機嫌「舞い上がってます!」

2011/07/28 16:36 配信

映画

栗原一止の妻・榛名役の宮崎あおい

栗原一止の妻・榛名役の宮崎あおい

8月27日(土)から公開される映画「神様のカルテ」の完成披露イベントが7月25日、都内で行われ、櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明と、深川栄洋監督がリムジンに乗って登場した。

同作は、夏川草介の同名ベストセラー小説を映画化した医療ドラマ。信州の松本にある、24時間・365日対応の小さな病院を舞台に、若く真面目な内科医・栗原一止(櫻井)の葛藤と成長をみずみずしいタッチで描く。

櫻井は「リムジンで舞い上がってます!」と声高らかにあいさつし、「悩みに悩み、苦しんだ撮影の1カ月間でしたが、振り返ると、とてもすてきな、自分の中でも財産となっています」とコメント。劇中ではダサめのパーマヘアの櫻井は「きょうはその反動もあって、だいぶキメてきたんですが…」と言うと、会場は爆笑。

一止の妻・榛名役の宮崎は、「撮影の1カ月間は、こんなに幸せで良いのかなって思うのが悩みだったっていうくらい、本当に良い時間を過ごしました」と、現場が楽しかった様子。

一止の同僚・砂山次郎役の要は「一止とは合わせ鏡のような医者の役。敵なんですが、ものすごく愛を持った敵という演出をしていただきました」と満足げにコメント。

末期がん患者・安曇雪乃役の加賀は「長生きしてみるもんですね。この年で、こんな良い監督と共演者に出会えて」と深川監督を大絶賛。すると、柄本も深川監督について「一言で言うと変態です。これは褒めているんですが、正直な変態です」と自身の気持ちをストレートに明かし、会場を沸かせた。

映画「神様のカルテ」
8月27日(土)より公開