閉じる

<西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「博多大吉がキンコン西野に懸けた『期待』」【短期集中連載/第3回】

2020/09/07 17:00

このままでは日本に帰れない


クラウドファンディングは今でこそ一般化しましたが、当時は誰も知らなくて、企画開始と同時に「宗教活動」「ネット乞食」といった言葉をたくさん浴びました。僕だけじゃなくて、僕に支援してくださった人まで攻撃されました。「西野に騙されている」「西野信者」「目を覚ませ」と散々。

人はいつも、自分が知らないものを嫌います。調べようともしません。「知らない自分」を認めたくないのかもしれません。

そんな状況なので、ツイッターで呼びかけたところで、誰からも相手にされません。どれだけ網を投げてもスルーされてしまうので、僕は網を捨て、「モリ」に持ちかえました。1万人に網を投げるのではなく、一人ずつモリで突き刺す作業を1万回繰り返すことにしたのです。

自分の名前で検索をかけ、僕についてツイートしてくださっている方(一人一人)とコンタクトをとり、「突然すみません。キングコングの西野亮廣と申します。実は、この度、クラウドファンディングというものに挑戦し…」という説明を何度も繰り返しました。

朝から晩までツイッターにヘバリついて、お相手の方の疑問には全て答え、2週間で700名以上の方とやりとりさせていただきました。お叱りの言葉もたくさん頂戴しましたし、心無い言葉もたくさん浴びました。

その甲斐もあって、2週間で585名の方から、531万1100円ものご支援をいただくことができました。西野を応援することにリスクしかない中、「行ってこい」と背中を押してくださった皆様には今も感謝しかありません。すぐ近くで支えてくれたスタッフには、今後の人生をかけて恩返ししていきます。

なんとか予算は集まりましたが、今度は、あと2週間で「集客」の問題をクリアしなければなりません。宣伝を手伝ってくれる現地メディアの知り合いもいませんし、そもそも、たいした結果も出ていない日本の絵本作家の個展に、誰が足を運んでくれるというのでしょう。ここでもやはり、一人一人頭を下げて、お願いするしかありません。

「ニューヨーク 寒い」「ニューヨーク 美味しい」「ニューヨーク 混んでいる」でエゴサーチをかけ、今現在、ニューヨークにいらっしゃる方をリストアップし、片っ端から「初めまして、キングコングの西野亮廣と申します。実は、この度、ニューヨークで個展を開催する運びとなり…」とコンタクトをとらせていただきました。こちらも2週間で700〜800名ほど。とほほ。

日本を発つ日までにやれることは全てやり、やっとの思いでニューヨークの個展がスタートします。が、オープンして30分が経ってもお客さんは一人も来ません。1時間経っても、1時間半経っても……誰一人としてギャラリーの中に入って来ません。お客さんが一人もいないギャラリーで、ぽつねんと立っている僕は、きっと痛々しく見えたことでしょう。スタッフは「かける言葉が見つからない」といった様子でした。

2013年、クラウドファンディングで資金調達しニューヨークで個展開催した際の1枚
2013年、クラウドファンディングで資金調達しニューヨークで個展開催した際の1枚


逆風吹きすさぶ中、僕の挑戦を応援してくれた人がいます。このままでは日本に帰れません。いてもたってもいられなくなった僕は、ギャラリーを飛び出し、街中でビラを配り、得意でもない英語で呼び込みをしました。2月のニューヨークの寒いこと寒いこと。

それからしばらくすると、ビラを持った一人のお爺さんがギャラリーの中に入って来てくださいました。僕の海外の個展の最初のお客様です。ところが、お爺さんは壁に並んだ絵本の原画を一瞥し、すぐにギャラリーを出て行ってしまいました。その瞬間、これまで必死で目を背けていた「負け」の文字がよぎります。「応援してくださった方にどう説明しよう」とも考えました。しかし、その数分後。なんと、あのお爺さんがギャラリーに戻って来てくれました。今度は、お孫さんの手を引いて。

お爺さんは、僕の元に笑顔で歩み寄ってきてくださり、こんな言葉をかけてくれました。

「この絵を孫に見せたくて、急いで家に戻ったんだよ。もうすぐウチの娘達もココに来る。『日本から面白い男が来たぞ』とケツを叩いておいたよ。素敵な絵を描いてくれてありがとう」

下に続きます
◼︎「ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

◼︎『映画 えんとつ町のプぺル』特報【12月25日公開】

PROFILE●1980年、兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。1999年、梶原雄太と「キングコング」を結成。2001年に深夜番組『はねるのトびら』のレギュラー出演決定と同時に東京進出を果たす。同番組がゴールデン枠に移行した2005年に「テレビ番組出演をメインにしたタレント活動」に疑問を持ち、「自分の生きる場所」を模索。2009年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本デビューを果たす。2016年、完全分業制による第4作絵本『えんとつ町のプペル』を刊行し、累計発行部数45万部を超えるベストセラーに。2020年12月公開予定の『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務める。クラウドファンディングでの合計調達額は3億8000万円を突破。現在、有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破し、国内最大となっている。芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

◼︎オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」
https://salon.jp/nishino
西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを先んじて知れたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする国内最大の会員制のコミュニケーションサロン。コワーキングスペース「ZIP」の利用やサロンメンバーだけでの特典も多数。

画像一覧
5

  • 映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第3回
  • 【写真を見る】映画『えんとつ町のプペル』特報から最新画像が到着!スタジオ4℃によって描かれる独特な世界観の風景デザインも魅力だ
  • 『オルゴールワールド』出版時に、西野が夜な夜なポスティングしていたチラシ
  • ポスティングしていたチラシの裏側
  • 2013年、クラウドファンディングで資金調達しニューヨークで個展開催した際の1枚

関連人物

  • No Image

    西野亮廣

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

もっと見る