閉じる

<西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「博多大吉がキンコン西野に懸けた『期待』」【短期集中連載/第3回】

2020/09/07 17:00


物語が動いたのは、そこからです。堰(せき)を切ったように、お客さんがギャラリーの中に流れこんできました。あるお客さんは、ギャラリーの前に立ち、「騙されたと思って、ちょっと中を覗いてみろ」と通行人に声をかけてくださいます。数時間後にはギャラリーはお客さんで溢れ返り、現地メディアが取材に来て、その様子は日本でもヤフーのトップニュースで流れました。お爺さんが来る前までとは、まるで別景色です。日本にいる間に、ツイッターでやり取りさせていただいた方も、お友達を連れて来てくださいました。「西野さん、ここは挑戦者を受け入れる街です」という言葉が今も胸に残っています。「1ヶ月後にニューヨークで個展を開催する」というデタラメな挑戦は、決して数字だけではない大きな成果をあげ、幕を降ろしました。

博多大吉さんに教わった「期待に追いつこうとする力」


メディアで報じられるときは、どうしてもスマートな部分だけが抽出されてしまいますが、裏側はこの通り「ドブ板営業」の積み重ねです。このことは全ての挑戦者と共有しておきたいと思います。

そして最後に、まだ何者でもない挑戦者を前に推し進めてくれる力についてお話ししたいと思います。

ニューヨークに挑むことを表明した日。漫才コンビ「博多華丸・大吉」の大吉さんから御連絡をいただきました。これまで、お仕事で御一緒させていただく機会もほとんどなかった先輩です。

「あの大吉さんが、僕に何の用だろう?」

話を聞くと、炎上中のクラウドファンディングのことでした。そこには、僕がオリジナルの絵を描く「30万円」のリターンがありました。値段も値段なので、「売れたらラッキー」ぐらいの気持ちで用意していたリターンです。大吉さんは、そのリターンのことに触れ、言いました。

「30万円のリターン。僕が買わせてもらうね」

驚きました。自分で販売しておきながら、「え? これ、買うんですか?」と言ったほど。

ところが、大吉さんは冷静です。

「いや、たぶん、そんな驚くことじゃなくて、西野君の絵を30万円で買えるチャンスは今回が最後で、まもなくキミは世間に見つかって、キミの絵は買えなくなる。得をしているのは僕の方だよ」

絵本作家として走り出したものの、いまだヒット作に恵まれず、「落ちぶれた芸人」として扱われている頃。「えんとつ町のプペル」が出る4年も前の話です。大吉さんも、当時は、まだ今ほどの売れっ子タレントではなくて、お金に余裕なんてなかったハズです。しかし、大吉さんの言葉には迷いがありませんでした。

「西野君の絵を30万円で買えるチャンスは、これが最後で、まもなくキミは世間に見つかって、キミの絵は買えなくなる」

それから数年後。大吉さんの言った通りになりました。というより、大吉さんの言った通りになるように持っていきました。そうしないと、「あの日の大吉さんの言葉が間違いだった」ということになるからです。その未来だけは迎えてはいけません。

まだ何者でもない自分に賭けてくれた人を、結果で否定するようなことだけはしたくなくて、僕は必死で大吉さんの期待に追いつきました。

今、僕は後輩を育てる立場にあります。彼らはまだ何者でもなくて、「情熱」ぐらいしか持ち合わせていません。彼らのような「まだ何者でもない挑戦者」を何者かにする一つの方法として、「大いに期待を寄せて『急成長をして結果を出さないと裏切り者になってしまう環境』を与える」というやり方があることを大吉さんのエールから学びました。まぁ、少々乱暴ですが(笑)。

期待を寄せることにはリスクがあります。裏切られることがあるから。それでも、「期待に追いつこうとする力」の強さを僕は知っています。今度は僕が期待する番かもしれません。(第4回は9月14日[月]更新予定)

この記事はWEBザテレビジョン編集部が制作しています。

前へ
次へ
◼︎「ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

◼︎『映画 えんとつ町のプぺル』特報【12月25日公開】

PROFILE●1980年、兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。1999年、梶原雄太と「キングコング」を結成。2001年に深夜番組『はねるのトびら』のレギュラー出演決定と同時に東京進出を果たす。同番組がゴールデン枠に移行した2005年に「テレビ番組出演をメインにしたタレント活動」に疑問を持ち、「自分の生きる場所」を模索。2009年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本デビューを果たす。2016年、完全分業制による第4作絵本『えんとつ町のプペル』を刊行し、累計発行部数45万部を超えるベストセラーに。2020年12月公開予定の『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務める。クラウドファンディングでの合計調達額は3億8000万円を突破。現在、有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破し、国内最大となっている。芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

◼︎オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」
https://salon.jp/nishino
西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを先んじて知れたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする国内最大の会員制のコミュニケーションサロン。コワーキングスペース「ZIP」の利用やサロンメンバーだけでの特典も多数。

画像一覧
5

  • 映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第3回
  • 【写真を見る】映画『えんとつ町のプペル』特報から最新画像が到着!スタジオ4℃によって描かれる独特な世界観の風景デザインも魅力だ
  • 『オルゴールワールド』出版時に、西野が夜な夜なポスティングしていたチラシ
  • ポスティングしていたチラシの裏側
  • 2013年、クラウドファンディングで資金調達しニューヨークで個展開催した際の1枚

関連人物

  • No Image

    西野亮廣

  • 【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【冬ドラマ】2024年1月期の新ドラマまとめ一覧

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は4/5!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【冬アニメまとめ】2024年1月期の新アニメ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

もっと見る