ハナコ岡部大、“芸人俳優”として開花!にじみ出る「純朴さ」が生むリアリティー

2020/09/20 11:00 配信

ドラマ

「エール」第66回場面写真 (C)NHK

「エール」第66回場面写真 (C)NHK

「テセウスの船」のせいや(霜降り明星)、「半沢直樹」(ともにTBS系)の角田晃広(東京03)や児嶋一哉(アンジャッシュ)など、2020年も多くのお笑い芸人がドラマで存在感を発揮している。そんな“芸人俳優”に今年名乗りを上げたのがお笑い第7世代の人気トリオ・ハナコ岡部大だ。「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)、連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)と立て続けに出演し、しっかりと爪痕を残している。

「キングオブコント2018」優勝も

ハナコのお笑いトリオとしての実績はかなりのものだ。

コントを主体とした芸風で、所属するワタナベエンターテインメントの「ワタナベお笑いNo.1決定戦」は2018年・2019年連続優勝。2018年「第9回お笑いハーベスト大賞」優勝。そして「キングオブコント2018」優勝…。今最も面白いコントを紡ぎ“お笑い第7世代”人気をけん引する存在として、業界の期待を一身に集めている。

そのリーダーで、主にボケを担当する岡部。いかつい顔とデカい声のインパクトを活かし、ヘタレなキャラクターとのギャップでボケるコントが人気だ。

「エール」第68回場面写真 (C)NHK

「エール」第68回場面写真 (C)NHK

コントで見せる演技力は確かなもので、2019年からは「THE突破ファイル」(日本テレビ系)にもたびたび出演している。再現VTRに登場し、市民の命を守ろうと必死になる“突破交番”の警察官役を好演。相方からもたびたびドラマ進出を勧められていたという。

そんな岡部が今年、いよいよドラマ進出を果たした。「私の家政夫ナギサさん」では主人公・相原メイ(多部未華子)の同僚でチームメンバー・堀江耕介役。そして“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」では、主人公・古山裕一(窪田正孝)に弟子入りを志願する田ノ上五郎を演じた。

俳優・岡部大の魅力とは? (2/3)

関連番組

関連人物