西野亮廣、窪田正孝や芦田愛菜とプチ文通「現場でお礼を言うのは恥ずかしくて(笑)」

2020/10/27 00:49 配信

映画

西野亮廣製作総指揮・原作・脚本の映画「えんとつ町のプペル」の公開を前にハロウィンスぺシャルイベントが開催。声優を務める窪田正孝と芦田愛菜が西野と共に出席した
西野亮廣製作総指揮・原作・脚本の映画「えんとつ町のプペル」の公開を前にハロウィンスぺシャルイベントが開催。声優を務める窪田正孝と芦田愛菜が西野と共に出席した


西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手がけたアニメ映画「えんとつ町のプペル」が12月25日(金)より全国公開。それに先駆けた10月26日、声優を務める窪田正孝芦田愛菜が西野と共に、ハロウィンスぺシャルイベントを行った。

本作はいつも厚い煙に覆われ、空を見上げることを忘れた”えんとつ町”を舞台に、星を信じる少年・ルビッチと、 ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間・プペルが星を見つける旅へと出るという物語。窪田がプペルを、芦田がルビッチを演じる。

窪田と芦田はそれぞれ自らが演じた役柄の”仮装”で登場。西野は司会を務める元・日本テレビアナウンサーの青木源太も仮装しているのを見て「だいぶハシャいでますね(笑)」と、さっそくツッコミを入れるひと幕も。

冒頭、窪田は「どうも、ゴミです(笑)」と笑いを誘った後に「お話をいただいてまず原作の絵本を読んで、心が洗われた気がしました。忘れかけていたもの、だれもが持っている夢や本当になりたい自分というものを再確認させていただけて…。さらに脚本を読んだら、プペルとルビッチの関係性やキャラクターたちのにぎやかさが印象的だなと思いました」とあいさつ。

続いて芦田は「私も最初に絵本を読んで、かわいい絵に引き込まれました。ストーリーも素敵で、ルビッチの声を演じさせてさせていただけるのがうれしかったです。脚本を読んで(絵本には出てこなかった)ほかの登場人物の物語を知れば知るほど、応援したくなる部分もたくさんあって、さらにこのお話が好きになりました」と笑顔を見せた。

そんな二人をキャスティングした理由を聞かれた西野は「いくつかありますけど、やっぱり今年はコロナという問題は外せないなというのがありまして…。黒い煙で覆われてしまった世界というのが、僕たちがいる今の世界と重なるなと思ったんですよ。奇しくもそんな年に映画が公開されるわけですけど、主人公の二人の言葉に嘘があってはいけないなと。芦田さんはルビッチの力強いせりふを言いそうだし、プペルのピュアさも窪田さんに合ってるなと思って、そういう意味で本人のキャラクターと解離していない人を選びました」と語った。



映画「えんとつ町のプペル」
12月25日(金)より全国公開
声の出演=窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、
伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/國村隼
製作総指揮・原作・脚本=西野亮廣
監督=廣田裕介
▼公式サイト
poupelle.com

関連番組

関連人物