キャスター伊藤綾子「ずっと忘れられない恋愛があります」

2015/11/28 20:20 配信

芸能一般

フォトエッセイ発売イベントに出席した伊藤綾子

フォトエッセイ発売イベントに出席した伊藤綾子

日本テレビ系報道番組「news every.」(毎週月~金曜昼3:50-夜7:00ほか)でキャスターを務めるフリーアナウンサーの伊藤綾子が、初のフォトエッセイ「みんなの知ってる伊藤さん、みんなの知らない綾子さん」を発売。出版を記念して行われたイベントに出席した。

同書には、これまでの人生をつづったエッセイに加え、撮り下ろしグラビアも収録。

「いつか自分もエッセイ本を出してみたいという夢を持ち続けていたので『プロジェクトが通りました』と聞いた時には鳥肌が立ちました。本当なんだと思って。でも現実に手に取っていない段階だし、何も取り掛かっていない時だったので夢見心地というか、『本当なのかな』というのは正直ありました」と最初の印象が語った。

「今回、現場が全員女性だったんですよ。カメラマンもメークさんもスタイリスト、編集、デザイナーみんな女性が集まって、しかも同じくらい年齢の女性がスタッフとして参加してくれたので、すごく撮りたい写真とかイメージが一致して、納得のいく写真が撮れました」と現場の様子を明かした。

お気に入りのカットについて「『news every.』の時でも、バラエティー番組の時でも見えない表情というか、本当に素に近い自分の表情が出ているような気がして好きですね。楽しんでいただければと思います」と自宅での姿に近いカットを挙げた。

エッセイ部分について「一番読んでもらいたいのは、仕事に関してのことはもちろんそうなんですけど、後半に“大人の青春”という題名で書かせていただいたことは、女性の34歳、独身で頑張って胸張って生きている…切なさと楽しさと充実感みたいなものが、自分でも出せたんじゃないかなと思って。日頃思っていることを落とし込めたんじゃないかなと。そのところは特に好きな章ですね」と自信を見せた。

「みんなの知ってる伊藤さん、みんなの知らない綾子さん」というタイトルについて、「私は皆さんにそんなに知られていないと思っていたので、題名に“伊藤綾子”という名前を入れたかったんですね。

そもそもこの本を作る時の戦略会議の第1回目で(笑)、みんな私のテレビのイメージというのが“硬い”とか“近寄りがたい”とかいうイメージがあったみたいなので、それを少しでも払拭(ふっしょく)したいなと思いまして、みんなの知っている“伊藤さん”はもちろんのこと、皆さん知らない“綾子さん”もたくさん込めたいなと。それをそのまま題名にしました」と決定までの過程を明かした。

「なかなか言いたくないような女の友情なんだけど、その陰には本当は『うらやましいな』という気持ちがあるよねとか。結婚が決まった友達に『おめでとう!』って言っていた自分の顔が引きつってはいなかっただろうかとか(笑)。ちょっと心配になったなとかそういうエピソードとかは初出しです。実は友達にも言えていなかった部分です。友達も読んで『そうだったんだ』と思うと思います。結構リアルです」と正直に告白した。

「あと学生時代の恋愛も書いてます。ずっと忘れられない大事にしている恋愛があって、それも“昔あったこと”という題名で書くことにして…堂々と言える年になったんですけど(笑)」とまさに赤裸々に発表した。

「お嫁にいきたい?」との記者からの質問には「いきたいですね。いませんか? (と報道陣に問い掛け…)機会があればぜひ。準備体操は十分ムキムキになるほどできているので、いつでもさらっていただければ(笑)」とけむに巻いた。

出版に際し、周りの反応について「出来上がって(news every.の)みんなに配ったんですよ。藤井(貴彦)さんも『えっ! こんなの出したの』って言って、1枚1枚『えー!』って(笑)。『こんなに出していいの?』って冗談でですけど、そういうふうに言っていただいたり。

陣内(貴美子)さんも『一晩で一気に読んだ』って、木原(実)さんも、ご自身でネットで注文してくれたみたいで、すごくありがたいです。『news every.』のみんなも温かく祝福してくれました」と感謝の気持ちを述べた。

フォトエッセイ「みんなの知ってる伊藤さん、みんなの知らない綾子さん」
ワニブックス
発売中
1800円(税別)

関連人物