乃木坂・生駒「ボロボロになりながら頑張っています」

2016/04/21 23:00 配信

アイドル・美少女

生駒里奈主演映画シリーズ最新作「コープスパーティー Book of Shadows」がクランクイン!

生駒里奈主演映画シリーズ最新作「コープスパーティー Book of Shadows」がクランクイン!

ことし7月30日(土)に公開予定の乃木坂46・生駒里奈主演映画シリーズ最新作「コープスパーティー Book of Shadows」が、先日クランクインを迎え、主演の生駒らが撮影の感想を語った。

同作は、ゲームやコミック、小説、アニメなど幅広く展開されたホラーゲームシリーズの実写映画化。生駒が映画初主演を務めた他、俳優集団D-BOYSの池岡亮介、人気モデル・前田希美ら、フレッシュな顔ぶれがそろい注目された。監督は独特の世界観を持つ山田雅史が引き続き務める。

クランクイン撮影には、前田、池岡らの他、本作より登場のミュージカルなどで活躍する青木玄徳、グラビアなどでも人気の石川恋、水石亜飛夢ら新キャスト陣が参加し、順調に撮影が行われた。

前作に続いて主演を務める生駒は「続編である『コープスパーティー Book of Shadows』で中嶋直美を演じさせていただき、本当に光栄に思っております。内容は前作よりも、より怖く、過激になっているところもありますし、直美ちゃんやあゆみちゃん(前田)たちの思い、人とのつながりがより色濃く描かれていると思うので、登場人物たちの心の動きも前作以上に見どころになっています」と、続編を喜んだ。

また、本作の見どころについては「前作以上にボロボロになりながらも、目的に向かって一生懸命頑張っている姿を見ていただければと思います。前作からのキャラクターも登場するし、原作で人気の刻命裕也(青木)など新たなキャラクターも登場しますので、皆さん最新作も好きになっていただいて、ゾッとしていただけるとうれしいです」と、アピールした。

今回から登場の“ビリギャル”モデル・石川は「このお話をいただいた時は本当にうれしかったです。いただいた台本を読ませていただいたのですが、こんなにも過激な物語だと知ってビックリしました。

そこから、原作であるゲームも見てみたりして、まさかこんな世界観の中に自分が飛び込んでいくことに恐怖もあり、不安もあり、でも楽しみでもあり、いろんな気持ちが入り混じってます。この作品から登場する、新しい学校のメンバーの一人として、他のメンバーと共に力を合わせて頑張っていきます」と、フレッシュに意気込みを語った。

【STORY】呪いのおまじない「しあわせのサチコさん」を行い、怨霊のすむ異空間へと飛ばされた女子高校生の直美(生駒)は、幼なじみの哲志(池岡)や親友の世以子(喜多陽子)など、多くの仲間を失った。

それから半年。生き延びたあゆみ(前田)と直美は、死んだ友達を取り戻すべく、悲劇の舞台となった天神小学校へと戻ってくる。同じおまじないで別の学校からとらわれて来た刻命(青木)たちとも合流し、切なる思いで生還の道を模索する。

だが、待っていたのは繰り返す「死の運命」にとらわれた仲間たちとの再会だった。命と心をもてあそぶ、残酷な運命の歯車は、ゆっくりと回り始める…。

映画「コープスパーティー Book of Shadows」
7月30日(土)より、東京のシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー&同日「niconico」ネットシネマ公開

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース