泥棒番付

司馬遼太郎の「盗賊と間者」を映画化。日本一の大泥棒とうそぶく佐渡八は、鬼与力に説教され足を洗う。だが、恩人である鬼与力が殺され、佐渡八は復しゅうを決意する。