警視庁 ナシゴレン課

警視庁 ナシゴレン課

AKB48・島崎遥香主演の刑事ドラマは、秋元康企画・原作のワンシチュエーションコメディー。警視庁 ナシゴレン課の課長である自由奔放で高飛車な女性刑事・風早恭子(島崎)と、個性豊かな刑事らとの日常をつづる。恭子は捜査に出向かず「それで問題ナシゴレン」と言い放ち、部屋から出ることなく事件を解決する。

出演者

人物相関図

スタッフ

あらすじ

  • 警視庁 ナシゴレン課「細目ナシゴレンに死す!」

    2016/12/19

    健康診断で異常が見つかった石鍋(古田新太)が、再検査を受ける。検査の結果、石鍋の余命が“マイナス2カ月”だと宣告されたと言う。そんな中、病院内の連続不審死事件を推理していた風早(島崎遥香)が、逆上した犯人に襲われる。だが、すでに死を覚悟した石鍋が風早を救うため、犯人の前に立ちはだかる。

    登場人物
    スタッフ
  • 警視庁 ナシゴレン課「伊吹一日デカ長、犯人はデカ長!?」

    2016/12/12

    恭子(島崎遥香)が出張でいないことで上機嫌の伊吹(勝村政信)らは、自分たちで事件を解決しようと意気込む。そこで、ある企業の経理部長が12億円を横領した事件に取り掛かる。容疑者の部下である幸子(島崎・2役)から参考人として話を聞くことに。訪れた幸子が恭子とそっくりだったため、伊吹らは驚く。

    登場人物
    スタッフ
  • 警視庁 ナシゴレン課「ナシゴレン鉄道殺人事件」

    2016/12/5

    恭子(島崎遥香)らは、温泉旅館の露天風呂で女子大学生が殺害された事件の捜査に取り掛かる。恭子は、交際相手の男・葛原(阿部翔平)が犯人と推測するが、葛原には完璧なアリバイがあった。そんな中、恭子はこの事件と類似する23年前のあるサスペンスドラマを思い出し、「ナシゴレン課」でそのドラマを見ることに。

    登場人物
    スタッフ

あらすじを全部見る