山本周五郎時代劇 武士の魂

2017年4月4日スタート 毎月第1・2火曜夜8.00-8.54 BSジャパン

作家・山本周五郎が描いてきた哀感あふれる町人・庶民の人生物語を、「武士とその家族」に焦点を当てて1話完結で映像化。「武士の矜恃(きょうじ)を守ること」「死と隣り合わせで生きること」といった、武士として生きる以上、藩名に従い時には死をも覚悟しなければならない厳しい生き方を描く。ナレーターは片岡鶴太郎。

放送情報

  • 2018年07月17日(火) 20時00分 (再) / BSジャパン

他の放送日時については各あらすじをご確認ください。

出演者

スタッフ

あらすじ

  • 第8話 山本周五郎時代劇 武士の魂「茶摘みは八十八夜から始まる」

    曽祖父に名将を持つ藩主・政利(団時朗)は、お家騒動を起こしたことで地位を剥奪され、藩も取りつぶしとなる。岡崎藩預かりの幽閉の身となった政利は、世話役の平三郎(八神蓮)と対面。そこでも暴君ぶりを発揮してしまうが、平三郎から「改心しなければ切腹させよとの下知を、将軍から受けている」と告げられる。

    放送日時
    • 2018年07月17日(火) 20時00分 (再) / BSジャパン
    出演
    ナレーター
    スタッフ

あらすじを全部見る