閉じる

ボイス〜112の奇跡〜

ドラマ

ソンウン地方警察庁「112通報センター」を舞台に、かつて腕利きだった刑事の奮闘を描く刑事アクションドラマ。事件で妻を失った刑事・ジニョク(チャン・ヒョク)と、新たにセンター長に就任した、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ(イ・ハナ)。彼女を恨むジニョクだったが、常人には聞こえない音が聞こえるグォンジュの「絶対聴覚」のお陰で一人の少女を救い出すことに成功する。そのことで彼女の力を信じるようになるジニョク。二人はさまざまな事件を通して心を通わせいく。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

ボイス〜112の奇跡〜のあらすじ

第16話 ボイス〜112の奇跡〜

ついに直接対決となったム・ジニョク(チャン・ヒョク)、カン・グォンジュ(イ・ハナ)対モ・テグ。残酷な殺害現場を目撃したゴールデンタイムチームは、モ・テグを捕まえるために命懸けの死闘を繰り広げる。そして、モ・テグとソンウン通運の数々の悪行が明らかになり、社会に衝撃が走るが、モ会長は、最後までテグを守ろうと手を尽くす。

詳細を見る
第15話 ボイス〜112の奇跡〜

ソンウン通運のバスが転覆事故を起こし、現場に急行したジニョク(チャン・ヒョク)とデシクは、その惨状に愕然とする。老朽化したバスからガスが漏れ出し、乗客らは血まみれでバスの中に取り残されている。ジニョクや救急隊員は決死の覚悟で乗客を救出する。そして、そのバス事故の裏に隠されたソンウン通運の悪事が1つずつ明らかになる。

詳細を見る
第14話 ボイス〜112の奇跡〜

チャン・ギュア事件の参考人としてソンウン地方警察庁に来たモ・テグ。その声を聞いたグォンジュ(イ・ハナ)は、テグがウニョン洞事件の犯人と直感し、ジニョク(チャン・ヒョク)に伝える。グォンジュは、調査を受けるテグの態度を見て、バックに巨大な力が存在し、テグを守っているのだと確信するのだが…。

詳細を見る
第13話 ボイス〜112の奇跡〜

ジニョク(チャン・ヒョク)は、ナム・サンテから「逃がしてくれたら、ウニョン洞の真犯人を教えるし、その証拠も渡す」という電話を受ける。そして、サンテから、妻ジヘとの思い出のペンションの名前を聞くと、グォンジュ(イ・ハナ)が止めるのも聞かず、飛び出していく。一方グォンジュには、モ・テグから会いたいというメッセージが届く。

詳細を見る
第12話 ボイス〜112の奇跡〜

グォンジュ(イ・ハナ)は、楽園福祉院の入所者ペク・ジングの危機を感知し、ジニョク(チャン・ヒョク)に知らせる。ジニョクは楽園福祉院と連携のある精神科病院に急行するが、そこで衝撃的な事実が明らかになる。無事救出されたペク・ジングは、ジニョクの妻ホ・ジヘと関わりのあった、コン・チョルファンを知ってると言う。

詳細を見る
もっと見る

ボイス〜112の奇跡〜の出演者・キャスト

  • No Image

    チャン・ヒョク
    ム・ジニュク役

  • No Image

    イ・ハナ
    カン・グォンジュ役

  • No Image

    ペク・ソンヒョン
    シム・デシク役

  • No Image

    イェソン
    オ・ヒョノ役

  • No Image

    ソン・ウンソ
    パク・ウンス役

ボイス〜112の奇跡〜のニュース

  • シリーズ第3弾は日本が舞台 韓国ドラマ「ボイス3~112の奇跡~」がGYAO!にて配信決定

    シリーズ第3弾は日本が舞台 韓国ドラマ「ボイス3~112の奇跡~」がGYAO!にて配信決定

    2021/01/08 15:00

ボイス〜112の奇跡〜のニュース画像

  • シリーズ第3弾は日本が舞台 韓国ドラマ「ボイス3~112の奇跡~」がGYAO!にて配信決定
  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • ドラマ「彼のいる生活」SP特集

    佐藤瑠雅&坂井翔W主演!ドラマ「彼のいる生活」SP特集

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 注目番組&最新ニュースまとめ

    女性チャンネル♪LaLa TV注目番組&最新ニュースまとめ

  • イチオシ映画&最新ニュースまとめ

    ムービープラスイチオシ映画&最新ニュースまとめ

もっと見る

Q&A

ボイス〜112の奇跡〜の出演者、スタッフは誰ですか?
出演者はチャン・ヒョク、イ・ハナ、ペク・ソンヒョン、イェソンほかです。