ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞 受賞インタビュー

長谷川博己

杏さんとの掛け合いは噴き出すほど面白かった

「高等遊民を貫く巧のキャラクターに関しては、『自分の世界を確立している』『一般的な人物とは違った考え方や見方をできる人』というふうに、どちらかといえばポジティブな気持ちを持ちつつ演じました(笑)。衣装や姿勢、しゃべり方は、古沢良太さんの台本に書いてあるイメージを体現したつもりです。
第2話のフラッシュモブでのプロポーズシーンは、集中力を要した最もヘビーな場面でした。台本を読んだときに『まだ2話だけど、これがもう巧のクライマックスだ!』ぐらいに感じましたので、後先考えずにぶっ飛ばした覚えがあります。テンポやせりふ回しは、特にこだわりましたね。(せりふを)覚えることはできても、そこから体に染み込ませて、そのときの感情で自然に言えるようになるまでが大変でした。

時間にも追われていますから、『せりふを覚えられる薬があればいくらで買うか』みたいな話を出演者の皆さんと真剣に考えたことが思い出されます(笑)。杏さんとの掛け合いは本当に面白かったです。やっていて噴き出すこともしばしばありました。みんなが一体になれた本当にいい現場でした」

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報