ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞ザテレビジョン賞 受賞インタビュー

〝ウラバラス〟

ダメでしょ、賞を渡しちゃあ(笑)

「〝ウラバラス〟が取ったって聞いて…半笑いです。ダメでしょ、賞を渡しちゃあ。『本編全く入ってこない』って最初に懸念した通りのクレームがありましたから。テレビでやっちゃいけないことですから(笑)。
この企画のきっかけは僕みたいに思われてますけど、佐野亜裕美Pです。僕は名付け親なだけです。初回の収録では、みんなでふざけちゃって、『失敗だったんじゃないか?』という空気になって、終わった後、ちょっと元気なかったんです。でも、まさかの反響があって。その反応を聞いて色気が出ちゃって次のとき、ちょっと調子に乗ったりして。またの課題も出てきて、反省会が始まって…ちょっとリアルなエンターテインメント感が出てきましたね。

〝ウラバラス〟では、小栗(旬)くんが一番元気なんですよ。やりがいを感じてるというか、サービス精神旺盛だから、引っかき回すことが多かった(笑)。〝ウラバラス〟の結果論としては、視聴者の方がこんなに裏話を聞きたいと思っていたんだなと知りましたし、こうして少しでも話題になって、もう一度作品を見たいと思ってもらえれば、うれしいなと思います」(ムロツヨシ)

ウロボロス〜この愛こそ、正義。

生田斗真と小栗旬の8年ぶりの連ドラ共演作。原作は神崎裕也の漫画「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」(新潮社) 。幼少期に目の前で大切な人を殺され、警察関係者に事件をもみ消されてしまったイクオ(生田)と竜哉(小栗)。15年後、警察官になったイクオと暴力団幹部になった竜哉はひそかに協力し、警察の闇を暴く。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報