ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第91回ザテレビジョンドラマアカデミー賞ドラマソング賞 受賞インタビュー

恋/星野源

まずは、ドラマソング賞を受賞したお気持ちをお聞かせください。
とてもうれしいです。ドラマスタッフの皆さんが、音楽を愛してくれて、物語の中にしっかり組み込んでくださったおかげだと思います。本当にありがとうございます。
選考理由には、「『恋』こそ、聞いたらドラマのシーンが頭に浮かんでくる真のドラマソング」「ダンスに物語がクロスする爽快感につきる」などの意見が集まりました。「恋」は社会現象を巻き起こしましたが、この現象をどう感じていらっしゃいましたか?
自分が主題歌を書くなら、しっかりその作品の要素を内包したいと常々思っています。なのでそう言っていただけるとうれしいです。社会現象に関しては、ただポカンと眺めている感じで(笑)、撮影中もスタッフみんなで「何だかすごいねえ」と遠い国の話をするように言っていました。あまり実感はないのですが、盛り上がってくださっているのは心底ありがたいという気持ちです。
「恋」を制作するにあたり、込めた思いやこだわりを教えてください。
今、日本でもようやく恋愛の多様性が認められてきていて、この曲においては、ラブソングとしてその多様性を主張する曲ではなく、すでにあたりまえに反映されている歌にしたいと思っていました。お説教のような歌ではなく、聞いてるとただムズムズして踊りだしたくなる歌にしたいと考えました。
「恋」の中で一番のお気に入りはどこですか?
歌詞も含め全部気に入っていますが、あえて言うならイントロと間奏、そして狂騒的なアウトロが好きです。
視聴者の方々が「恋」を歌うときのアドバイスはありますか?
生活感を感じる歌詞を目指したということもあり、日本の街の風景を思い浮かべながら歌うと気持ちがいいと思います。
ドラマのエンディングも話題になりました。共演する皆さんが踊っている姿を見て、また、一緒に踊られてどう思われました?
このダンスは、自分の「恋」のMVでダンサーの皆さんに踊ってもらった振りをそのままドラマのエンディングに持ち込んだものなので、プロ用のダンスなんです。難しいと思うんですが、皆さん、たくさん練習してくれてうれしかったです。

第91回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

視聴熱10月16日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報