中村蒼、シリーズ3作品目は「より“夫婦の絆”を強く感じました」変わらない魅力も語る<赤ひげ3 インタビュー>

2020/11/13 13:00 配信

ドラマ

中村蒼演じる青年医師・保本登(第2話場面写真)

中村蒼演じる青年医師・保本登(第2話場面写真)

船越英一郎主演の「赤ひげ」シリーズの第3弾となる「赤ひげ3」(毎週金曜夜8:00-8:45、NHK BSプレミアムほか)。
同作は、山本周五郎の没後50周年を機に「赤ひげ診療譚」を原作に制作された「赤ひげ」(2017年、NHK BSプレミアム)シリーズの第3弾。江戸時代の小石川養生所を舞台に、謎めいた医師“赤ひげ”こと新出去定(船越)と青年医師との交流や貧しい患者や市井の人々の姿を描き、好評を博している。

中でも、シリーズ3作品を通し赤ひげの“右腕”として活躍しているのが中村蒼演じる保本登だ。これまでのシリーズでは、去定とぶつかることも多く、青年医師らしい熱い印象であった保本だが、今シリーズでは往診を任されるなど一人前の医師に。つぐみ(優希美青)という女性見習い医師も加わり、頼りになる医師へと成長していった。

また、「赤ひげ3」では保本と妻のまさを(奈緒)の “夫婦の絆”を感じられる場面が多く、まさをの一言で保本や小石川養生所の問題が解決に導かれることも多い。11月13日(金)放送の第4話でもまさをと保本の会話に注目だ。

そんな保本を演じる中村にWEBザテレビジョンでは、インタビューを実施。シリーズを通しての保本の成長や、共演する奈緒の印象などを聞いた。

中村蒼インタビュー


――今回で、シリーズ3作品目になりますが、保本を演じられて中村さんご自身はどのような変化を感じていますか?

保本さんがあたふたすることなく、冷静に患者さんと向き合っている姿を演じていると、もう新人というのは似合わないくらいの医者になったのではないかと思いました。そういう部分がシリーズを通して段々備わってきているのかなと感じています。

これまでは、すぐ行動に移して、患者さんを助けに行こうとしたりする姿が印象的でした。それはそれですごく優しくて熱い人間だと思うのですが、往診を担当することになって、養生所の様子は他の医者たちに任せて、冷静さをもって、まずはじっくり考える。自分の中で整理して順序だてて患者さんと向き合えるようになったのは大きい成長だなと思います。

また、保本さんはこのシリーズでは、患者さんのメンタルの部分と触れ合うことが多くなっていて、けがを治すというよりは、一緒に話して一緒に悩んで、心のケアをするようにまでなっています。そういうところが今回は今までより、演じていても難しいところでした。

「赤ひげ3」
毎週金曜夜8:00-8:45
NHK BSプレミアムにて放送

関連番組

関連人物