<西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「日本中から笑われた夢がある」【短期集中連載/最終回】

2020/11/17 07:00 配信

映画

映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第13回
映画『えんとつ町のプペル』(12月25日[金]公開予定)誕生の背景とそこに込めた想いを語る連載第13回

芸人、絵本作家ほか、ジャンルの垣根を飛び越えて活躍する西野亮廣。2016年に発表し50万部を超えるベストセラーとなっている絵本『えんとつ町のプペル』だが、実は映画化を前提として設計された一大プロジェクトだった。構想から約8年、今年12月の映画公開を目前に、制作の舞台裏と作品に込めた“想い”を語りつくします。第13回目は、いよいよ最終回。これまでお付き合いくださった皆さんに、映画製作の最終段階に入った西野亮廣より、心からのエールを送ります。

【画像を見る】映画『えんとつ町のプペル』より。煙の向こう側にある星を信じ、飛び立つルビッチとプペル
【画像を見る】映画『えんとつ町のプペル』より。煙の向こう側にある星を信じ、飛び立つルビッチとプペル

早いもので、この連載も今回が最終回です。これまでの記事をまとめて一冊の本にして、映画『えんとつ町のプペル』の公開1週間前(12月18日)に発売するそうな。隠したところで隠せないので正直に白状しますが、発売のタイミングからお察しのとおり、これは映画『えんとつ町のプペル』の宣伝です。

こうして僕ごときの文章を好んで読んでくださる方は残念ながら少数派でして(好きです。結婚してください)……すっかりお忘れかもしれませんが、映画『えんとつ町のプペル』は、「テレビドラマの映画化」でもなければ、「テレビアニメの映画化」でもなく、「絵本の映画化」で、まだまだ誰にも知られておりません。YouTubeでライブ配信をしていると、今でもよく言われるんです。

「プペル? 聞いたことないんだけど」

我々のような何の実績もない弱小映画に潤沢な宣伝費は用意されておりません。よって、「映画公開に合わせて『エッセイ集』を出して、本屋のお客さんに映画のことを知ってもらおう! エイヤー!」という実に涙ぐましい戦略を強いられています。公開1ヶ月前のこの時期にエッセイを書く時間などありやしないのですが、そうも言っていられないのが弱小映画の製作総指揮です。作品を作り、西へ東へ走り回り、方々で頭を下げ、朝方に眠い目をこすってエッセイの執筆(広報活動)。

最近は、朝7時からオンラインサロンメンバーさんとジョギングをしています。こうした対面イベントを無料で開催してしまうと「東京のサロンメンバーだけズルイ!」という声が上がるので、参加条件を設けています。

参加条件は「映画『えんとつ町のプペル』のムビチケ前売券を持っていること」。ムビチケ前売券が、そのままジョギングイベントの参加券になっているわけですね。朝まで仕事をして、朝からジョギングをして映画『えんとつ町のプペル』のチケットを売っているんです。この活動が実を結ぶかどうかは知りません。でも、何もしないよりはマシです。

それにしても、今日はさすがに眠いな。映画公開が近づく度に、目の下のクマも日に日に酷くなる。

未来を夢見るクリエイターさんが、もしも、この世界に華やかな何かを求めておられるのであれば、早々に諦めてください。僕が知る限り、ここは年中、泥にまみれています。

大切なのは、「それでも掴みたいものがあるか?」。僕には、あります。

詳しい時期は忘れてしまいましたが、ずっとずっと昔。「ディズニーを超えたい」と言ったら、日本中から笑われました。とても悔しかったことだけは記憶しています。笑われたことが悔しかったわけではありません。日本人が、世界を競争相手から外し、それよりもずっと下の世界で生きることで話を進めていたことが、悔しくてたまりませんでした。
 
なんだよ、それ。おい、そこの日本人。なんで笑っていられるんだよ。目標の上限が決まった国を次の世代に渡すのかよ。何が「教育」だ。何のための「教育」だ。どの口で、子供に語ってるんだ。一生懸命学んで、正しく努力したら、遠くに行けるんじゃないのかよ。それとも、「どれだけやっても遠くには行けない」と言うのか。 

おい、そこの表現者。お前、なんで笑っていられるんだよ。お前のことを信じてくれているファンにお前は、ディズニー以下のエンターテイメントを胸張って届けるのかよ。

お前は、お前のファンに「ディズニーよりはツマラナイものに、貴方の時間とお金を割いてください」とお願いするのか? 違うだろ。言うなら、「今は、まだ」だろ? 「いつか一番になる」と言えよ。お前がそんなところで折り合いをつけたら、お前を信じてくれているファンがバカみたいじゃないか。笑うなよ。上限なんか決めるなよ。頼むから。
 

【編集部よりメッセージ】
これまで全13回にわたって連載してきた『ゴミ人間』ですが、加筆修正、さらにエピソードを加えて、『ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~』という一冊の本にまとめ、2020年12月18日に発売します。この記事を配信する11月17日より予約開始。下のリンクより注文できます。また、お近くの本屋さんでは、サイン本の予約を承っています。

この連載最終回から1ヶ月ちょっと先、エッセイ集『ゴミ人間』発売の1週間後、西野亮廣の集大成と言うべき作品『映画 えんとつ町のプペル』が公開されます。20代半ばにして日本を代表する人気者だった男は、夢を語って行動した結果、日本を代表する嫌われ者になってしまいました。以降、西野は孤独に耐え、夢を見続け、ひたすら絵を描き、新しい仲間と出会い、行動し続けてきました。『映画 えんとつ町のプペル』は、そうして15年かけて辿り着いた「夢の結晶」と言うべき最高に素敵な作品です。ぜひ今年の年末は劇場に足を運んでください。しんどい時代ですが、明日を生きる勇気がふつふつと湧いてくるはずです!

◼︎「ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣」2020年12月18日(金)発売
↓Amazonでの予約はバナーをクリック↓


◼︎ムビチケ前売券の購入はこちら
https://mvtk.jp/Film/070395

西野亮廣PROFILE●1980年、兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。1999年、梶原雄太と「キングコング」を結成。2001年に深夜番組『はねるのトびら』のレギュラー出演決定と同時に東京進出を果たす。2005年に「テレビ番組出演をメインにしたタレント活動」に疑問を持ち、「自分の生きる場所」を模索。2009年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家デビュー。2016年、完全分業制による第4作絵本『えんとつ町のプペル』を刊行し、累計発行部数50万部を超えるベストセラーに。2020年12月公開予定の『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務める。現在、有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破し、国内最大となっている。芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

◼︎西野亮廣オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」
https://salon.jp/nishino
西野が考えるエンタメの未来や、現在とりかかっているプロジェクトを先んじて知れたり、場合によってはクリエイターとして強引に参加させられたりする国内最大の会員制のコミュニケーションサロン。コワーキングスペース「ZIP」の利用やサロンメンバーだけでの特典も多数。

関連番組

関連人物