高畑充希、2021年1月期ドラマ「にじいろカルテ」主演決定!「ひよっこ」脚本家初の医療作でポンコツ医師役

2020/11/17 05:02 配信

ドラマ

テレビ朝日の連続ドラマ初出演にして初の主演を務める高畑充希。“秘密”を抱えたポンコツ女ドクター・紅野真空役に挑む

テレビ朝日の連続ドラマ初出演にして初の主演を務める高畑充希。“秘密”を抱えたポンコツ女ドクター・紅野真空役に挑む

2021年1月スタートの木曜ドラマ「にじいろカルテ」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)で、高畑充希がテレビ朝日の連続ドラマ初出演にして初の主演を務めることが分かった。本作は、秘密を抱えたポンコツ女性ドクターと、ヘンテコ外科医、看護師の3人が織りなす、笑って泣ける異色のチーム医療ドラマで、連続テレビ小説「ひよっこ」(、NHK総合ほか)などを手がけた脚本家・岡田惠和の初の医療作。「とと姉ちゃん」「過保護のカホコ」など、さまざまなドラマで主演を務めてきた高畑は、このポンコツドクター・紅野真空(くれの・まそら)役に挑む。

ちょっとダメ人間!?なドクターたちが繰り広げる、異色の“チーム医療ドラマ”


岡田惠和が描く今作は、普通よりもちょっとダメ人間!?な、全然スーパーじゃないドクターたちが繰り広げる、医療ドラマの“王道”とは一線を画したヒューマンドラマ。

「体を治す」医療から「生活を支える」医療へと変化する現代において、さまざまな命とどう向き合い、人生をいかに支えていくのか。手術がゴールではなく、治したら終わりではない、その先の物語に挑戦する。

主人公の紅野真空(高畑充希)は、東京の大病院の救命救急の現場で夢と誇りを持ちながら働いていたが、ある日突然“とある病”が発覚する。医者だからといってお金もないし仕事も続けたい。困った真空は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で、病を隠して働くことに。

怪しいバスに乗り、うっそうとした森を抜け“虹ノ村”にたどり着いた真空を待ち受けていたのは、同じく東京からやってきたヘンテコ外科医&看護師という男二人との共同生活だった。医者でありながら患者である真空は、個性豊かな村人たちに出会い、時に笑い、時に泣き、けんかしながらも熱く命と向き合い、村にとってなくてはならない愛される存在へと成長していく。

キャラが濃すぎるキャスト陣のかけあいは、“チーム医療ドラマ”というよりは、まるでコメディー。医者だって白衣を脱げば、みんな同じ、普通の人間。“医者だから”って、人のために何でもできる聖人君子なわけじゃないし、感情もある。そんな“人なみの弱さ”を抱えた医師たちが、それぞれの生き方を見つける姿を温かく描く。

「にじいろカルテ」
2021年1月スタート
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

関連番組

関連人物