<七人の秘書>秘書軍団が最大の黒幕と直接対決! その一方で木村文乃“千代”と大島優子“三和”の対立も

2020/11/19 13:50 配信

ドラマ

「七人の秘書」第5話シーンカット
「七人の秘書」第5話シーンカット(C)テレビ朝日

11月19日(木)放送のドラマ「七人の秘書」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第5話では、自分が目をかけてきた人物がことごとく失脚する裏で萬敬太郎(江口洋介)が暗躍していることに気付いた財務大臣の粟田口十三(岸部一徳)が、突然「ラーメン萬」に出現。集まっていた望月千代(木村文乃)らにも緊張が走る中、萬と粟田口が一触即発の事態となり、“秘書軍団”と最大の黒幕の直接対決が幕を開ける。

その一方で、東京都知事・南勝子(萬田久子)は、公約にしていた家族のいない子供たちが暮らす児童養護施設の支援を土壇場で覆す。家を奪われることになった施設で暮らすきょうだいと出会った千代は、仲間たちに子供たちを救いたいと訴える。

だが、勝子の秘書・風間三和(大島優子)は「そんなの政治ではよくあること」と言い、さらに追い打ちをかけるように「施設の子供たちじゃお金が払えないよ?」と言い放つ。ホテルオーナーの令嬢で、裕福な家庭に育った三和の無神経な発言に怒りを覚えた千代と三和にバトルがぼっ発すると、他のメンバーも三和の失言に引いてしまい、粟田口との決戦を前に秘書軍団の絆にヒビが入ってしまう。

そんな三和だが、第5話ではなぜ三和が物事を斜めに見るようになり、つい余計な一言を口にしてしまう皮肉な性格になってしまったのか、その原因となる過去が描かれる。はたから見ると恵まれた環境に身を置く三和だが、実は長年にわたる家族との確執によって深い闇を抱えていることが分かる。

「七人の秘書」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系にて放送

◆2020年10月秋ドラマ一覧!◆

10月スタート秋ドラマまとめ

関連番組

関連人物